Googleガイドライン違反と再審査【2】再審査に落ちた…orz

   2014/04/24   icon-clock-o読了時間:約10分39秒

Googleガイドライン違反と再審査【1】SEOって?の記事の続きです。
SEO対策とGoogleさんに怒られるまで。

限りなく黒に近いグレーな被リンク売買

そう、とても怪しくとても不確かでとてもグレー。
それが被リンクを売買している業者さんだと思います(私の主観ですが)
なぜかというと、そもそもSEO対策をしている目的は
『Googleさんの気を惹くために、より良いサイトを作ること』のはずが
被リンク売買の目的は
『Googleさんを騙すために、より良いサイトであるフリをすること』なのです。
もはや本末転倒というか、ほぼアウトというか。
それでも被リンク売買業者さんが商売として成り立ち、その業者さんを利用するサイト運営者が居たのは
Googleさん達がそこを見逃してくれていたため、検索順位を上げる方法として多少なりとも有効だったからです。

しかしいつまでも目をつぶっていてくれるGoogleさんではなかったのです・・・

2012年4月24日、Googleさんはペンギンアップデートという可愛らしい名前の割に
えげつないほどシビアなアルゴリズム更新(処理手順の変更)を行いました。
(ちなみにその後でやってきたパンダアップデートもなかなかシビアでした)

これは今まで色々と見逃してくれていたGoogleさんがついに
このまま放っといたら内容の薄いサイトも有益なサイトも選り分けられない!
より良いサイトを上位に持ってきてこその検索エンジンだ!と奮起した結果です。
(というのは建前で、SEO対策業者を淘汰すればGoogle正規の広告を利用する企業が増えるだろう、
 という思惑がある気がしなくもないのですが深読みしすぎですかね)

このアップデートにより、今まで
「この方法あんまり効果なかったけど、まあ直すのも面倒だしそのままにしておくか」
「やらないよりはやった方がいいよね、なんでもやっておこう」
というぼんやり行っていたSEO対策が逆効果になる可能性が出てきたのです。
いわんやお金で買った被リンクにおいてをや、です。

結局は振り出しに戻る

『 唯一無二の情報を記載した皆の役に立つ内容で、大勢が足繁く通ってくれるサイトを作ること 』
やはりそれ以上のSEO対策は無いんだよ、とGoogleさんがペンギンとパンダを通してガツンとお達ししたわけです。

今までやってきた対策が空振りどころか振り抜いたバットが自分に当たるようなものですから皆さんちょっと焦りました。
いきなりそんなこと言われても私どうしたらいいの、
昔のあなたは今の私のままでもいいって言ってくれたじゃない、
あれは嘘だったの、と縋り付きたくなりました(多分)
もちろん私も。

そして今この記事を書いている訳です。
弊社でもとある業者さんの被リンク販売プログラムを利用して個人さんのブログに弊社へのリンクを貼ってもらっていたのです。
きっと大きな企業さんに比べたら微々たる件数でしょうが、営業の方が
「上質な被リンクのみですからGoogleさんからスパム扱いされて順位が下がる事はありません!」と自信満々に仰るもので
「まあグレーゾーンだけどやらないよりはいいよね」くらいの気持ちでつい乗っかってしまいました。
これが真っ赤な嘘でペンギンさんの逆襲に遭うとは…

私どもが如何にしてペンギンさん、ひいてはGoogleさんに怒られたか、
そしてその後いかにあたふたしているか、現在までの経緯をご説明します。

恐怖のガイドライン違反通知

私は事務で営業でWeb担当者なので、時間が空いた時にサイトの更新を行っています。
3月のある日、時間が出来たのでたまにはGoogleさんのウェブマスターツールで
サイトの状態を確認しようと行ってみると、Googleさんからのお知らせが来ていました。

Googleさんからのお知らせ 「あなたのサイトはGoogleガイドラインに違反している」

Google では、貴サイトへのリンクの一部がGoogle の
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に反する手法を使用していることを検出いたしました。
Google では不自然または人為的なリンクは信頼しておりません。
そのため、サイトへの不自然なリンクは削除することをおすすめします。
しかし、場合によってはご自身で管理できないリンクがあることも Google では認識しております。
このため、そのような場合には、特定の不自然なリンクに限定して、それらを信頼しないように対策を取っています。
もしこれらのリンクを削除できた場合は、その作業の内容を明記のうえ、再審査をリクエストしてください。



・・・ん?え?まじで? と呆然とすることしばし。
しかし呆然としていても仕方ないので違反と判断された原因と思われる
『不自然または人為的なリンク』をなんとかしてから再審査してもらわなくてはなりません。
Googleさんのご意向に背いたままでは検索順位を下げられてしまいます。

ペンギンさんとパンダさんがお目見えしてから約一年、
多少は順位の変動があったものの、しばらくすれば落ち着いていたので油断していました。
たぶんこの約一年の間、あちらこちらのサイトさんが順番に審査され、
ついに私どものサイトの番がやって来たということなのでしょう。

この時点で思い当たることは被リンク購入だけだったのですが、
もしかしたら他にも気づかない内に何かやらかしているかもしれません。
念のために他の部分も見直してみなければ…ああ気が重い…と足を引きずりながら自社サイトを一から見直してみました。

お願いだから許してくださいと謝る

とりあえず考えられる要因を書き出してGoogleさんに謝ります。

・CGIプログラムで設置した掲示板に承認していないスパムコメント(URLつき)が溜まっており、
 なおかつプログラム上の問題が発見されたので掲示板を撤去しました。
・被リンク購入した分については各ブログの運営者さんしだいなので削除したくとも私どもでは削除できません。
何卒ご容赦いただいて再審査をお願いします。



上記のような内容で切々と訴える私。
ちょっとズルイ手段だったかもしれないけれどそれもこれも全てあなたに気に入られたかっただけなの、
これからは気をつけるから今までのことは見逃してくれないかしら、と情に訴えてみます。

やっぱり駄目でした

Googleさん(の中の人たち)が情に絆されるはずがなかったのです。
そりゃそうです。それであっさり許していてはガイドラインの遵守なんて出来ません。
サイトの再審査をお願いしてから12日目、Googleさんから「まだ許しません」というお返事が来ました。

Googleさんからのお知らせ「ダメです」

あなたのサイトへの人為的または不自然なリンク(PageRank を操作する意図で設定された可能性があるもの)がないかどうかをご確認ください。
不自然なリンクの例としては、PageRankを転送するリンクの売買やリンクプログラムへの参加などが挙げられます。
Google の品質ガイドラインを満たすようにサイトを変更することをおすすめします。
変更が完了しましたら、改めてサイトの再審査をリクエストしてください。
サイトへの不自然なリンクがあり、これをご自身で管理または削除できない場合は、再審査リクエストで詳細をお知らせください。



やっぱりガイドライン違反の原因は『被リンクを買ったこと』のようです。
しかし被リンクとは、どこかのサイトから私どものサイトにリンクをしてもらっているものですので
これは相手方に削除していただくしかありません。
その旨を前回訴えたにも関わらずこの文面、ということは
まさか自力で運営者さんの一人一人にリンクの削除をお願いして回らなければならないのか…とちょっと気が遠くなりました。

ここで一旦放置

どうしようかなあ、と悩んでいるところで時期的に修理のご依頼が増えたことと
営業の方が忙しくなったこともあり一旦この件は置いておくことにしました。
放っておいていいものか…という不安はありましたがガックンガックン上がり下がりを繰り返していた検索順位が落ち着いてきて
尚且つそれがあまり低い順位ではなかったので現状ならひとまず大丈夫かな?と思えたためです。

ある程度の順位で落ち着いた理由としては
・サイトの更新頻度を上げて内容量も増やした
・ツイッターなど、自社以外のサイトでも情報を掲載してみた
・Googleさんに許しては貰えなかったものの、一度は再審査を依頼してちょっと誠意が認められた
このいずれか、もしくは全てが良い方向い作用してくれたものと考えられます。

もちろん、元々ブログやホームページに弊社の記事やリンクをご紹介してくださっていたお客様のお力もあります。
本当に有難うございます…!
私達もう変なSEO対策に手は出しません。
業務を頑張って、自然と皆様方からいただけるリンクだけで十分です。

ちなみに、このGoogleさんの再審査に向けて色々調べていてると、
Googleさんからの違反警告を受けて焦っている人たちに向けた
『再審査に向けて、原因の究明と改善をいたします』
『リンク削除依頼を代行します』
という商売を新たに一部のSEO対策業者さんが始めたようです。
でも確かあなたの所もSEO対策として被リンク販売してましたよね…という企業さんも中には居たのですが。
自分が貼ったリンクを自分で剥がすとは、なんという華麗なマッチポンプ。
名前を変えてそんな商売をする卑怯な業者さんに何十万も払うことはありません。
まずはGoogleさんの言い分をよく読んで、ネット上で情報を調べて、
それでも判らなければGoogleさんに直接問い合わせてみましょう。

Googleガイドライン違反と再審査【3】業者さんに電話してみる に続きます。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket