スターリングエンジンについてご紹介

   2014/08/04   icon-clock-o読了時間:約3分29秒

弊社はパソコンの修理会社です。
その傍らでパソコン用の部品や中古パソコンを販売したり、
かと思えばあんまりパソコンに関係ないものも販売していたりします。

その一つがスターリングエンジンなのですが、まだあまり知名度が無いような気がするので
簡単にご紹介してみようと思います。

スターリングエンジンとは

スターリングエンジンとは、19世紀初頭にスコットランドの牧師ロバート・スターリングさんによって発明された
シリンダー内のガス(もしくは空気等)を外部から加熱、もしくは冷却し、
発生した熱エネルギーを運動エネルギーに変換する外燃機関です。

熱すると膨張し、冷やすと収縮するという空気の基本的な性質を利用してピストンを動かし、
そのピストンによりクランクを回して動作します。
バイオマスなどのあらゆる可燃物、地熱、太陽熱など、色々な熱源の利用が可能なため、
人に優しく安全なエンジンとしてその存在が見直され、資源・環境の両面から大きな期待が寄せられています。
他の動力機関に比べると燃料効率が悪いという問題などが解決されれば
将来的に新エネルギーとして活躍してくれるかもしれません。
特に最近は夏場の暑さが尋常ではありませんし、どうにかあの暑さを
このスターリングエンジンでエネルギーに変換できないものでしょうか…

PANASONICさんのホームページにスターリングエンジンの原理や様々な可能性について
分かりやすい記事がありますのでご紹介させていただきます。
PANASONIC 【松下の省エネ技術

こうやって図解入りにして頂くとすごく分かりやすいですね(*´∀`)

yahoo!オークションにて販売中

弊社のオークションページではスターリングエンジンの販売も行っています。
弊社オークションページ:スターリングエンジン

動作状態の動画↓
お湯を入れたマグカップの上に乗せています。

外気温との温度差が20℃程度あれば空気の膨張と収縮で動くので、
冬であれば手の平の熱でも動かすことができます。
逆に冷たくてもOKですから、夏なら氷や冷えた缶ジュースなどの上に乗せても動きます。
理科の実験のように楽しくエンジンの仕組みを学ぶことができますので、
お子さんやお孫さんの知育玩具としてご購入いただくこともあります。
※尖った部品がありますし、小さいお子さんが使用される場合には
 必ず大人の方が一緒に使用してあげてくださいね。

また、アルコールランプで稼動するタイプのものも扱っています。
こちらは稼動中に2つのホイールが回転します。
温度差のある物や場所を探さなくてもいつでもアルコールランプを燃焼させれば動かすことができます。
薬局などで販売されている燃料用アルコールが必要ですので少しご面倒ではありますが
燃料がある限り稼動するため、じっくり仕組みを観察するのに向いています。

弊社オークションページ:2ホイールのスターリングエンジン

動作状態の動画↓
 ※動画の商品はLEDランプが付いた別タイプです。
 (LEDタイプは現在売り切れ中です、申し訳ございません ><;)   動作部分は同じですので参考までにご覧ください。 http://www.youtube.com/watch?v=uKfv6PmOvYo 何か他の部品をくっつけてみたら物凄く面白そうだな、と思いつつ。 スターリングエンジンでこんなことしてみた!というものが動画やブログでも多くございますので 興味がお有りの方は是非探してみてくださいね。 商品についてご質問などございましたら、当ブログのメールフォームやオークション質問欄から お気軽にお問い合わせください。 という全く隠れていないステルスマーケティング(略してステマ)をしたところで 以下は全くの余談、ステルスで思い出したスターリングエンジンのお話です。 自衛隊や兵器のお話なので、そういった話題がお嫌いな方は誠に申し訳ございませんが ここで読むのをおやめくださいね。

—-U ・ェ・U—- スクロールでうっかり読まれる方が —–U ・ェ・U——-
 —-U ・ェ・U—- いらっしゃらないようにワンクッション —-U ・ェ・U——-

               

ワンクッション小話:ビクターのロゴに描かれているワンちゃんは
蓄音器から流れてくる亡きご主人様の声に耳を傾けている姿を描いたものだそうです。
切ない…(> <。)

——-U ・ェ・U—— もういっかいワンクッション ——-U ・ェ・U———–



U。・ェ・。Uノ彡☆ よろしいですか?

自衛隊とスターリングエンジン

この記事を読んでくださっている方の中に自衛隊の富士総合火力演習、
通称『総火演(そうかえん)』をご存知の方はいらっしゃいますでしょうか。
富士の演習場で8月に行われる実弾を用いた陸上自衛隊の火力演習なのですが
隊員の育成や、皆さんに自衛隊活動を知ってもらう広報の意味があるそうです。
使用する弾薬は備蓄弾薬の中で訓練では消費しきれなかった物や
使用期限間近のものを使用しており、国内で最大の火力演習で、
自衛隊が行う一般開放イベントの中でも特に人気があります。

陸上自衛隊ホームページ
個人的にはURLが『fire_power』になっているのがツボです。
ファイヤーパワーで火力…わかりやすい。
私も自社サイトを作る時にこういう分かりやすい
ページの名づけをすれば良かった、と少し反省しております。

この演習を観覧するためには、ハガキやインターネットで抽選に申し込んで入場券をゲットする必要があります。
今年は10式戦車という最新鋭戦車が初めて参加したことや、
ガールズ&パンツァーという戦車を題材にしたアニメがヒットしたこと、
尖閣諸島問題で国防の在り方が見直されたこと、
様々な要因が重なって総火演の入場券はプレミアチケットになってしまいました。
私も抽選に漏れてしまいニコニコ動画の生放送で中継を見るに留まりました。
行かれた方がもし居らっしゃったらとてもとてもうらやましいです。
私も行きたかったです(。´・ω・)

そんな感じで、詳しい方からすればひよっこレベルですが私はミリタリー系の機器や乗り物が好きなので
(戦争が好きというわけではなく、ああいった物の形状や仕組み、エンジン音などが好きなのです、念のため)
航空機や戦車や艦艇や潜水艦を見るとテンションが上がります。
特に潜水艦が好きです。
これは多分、子供の頃に宇宙戦艦ヤマトのアニメが好きだったことと
漫画の『沈黙の艦隊』を読んでハマっていたことに由来していると思われます。
深海調査船『しんかい6500』も一般搭乗できるようになったなら乗ってみたいものです。
深海魚も好きなんですよね。泳いでいるリュウグウノツカイに会いたいです。

そんな事は置いておいて、潜水艦のお話でした。
現在、海上自衛隊が保有している潜水艦は18隻程度なのですが
その中に『そうりゅう型潜水艦』と呼ばれる艦があります。
このそうりゅう型潜水艦にも動力機関のひとつとしてスターリングエンジンが搭載されているのです。

1990年代にスウェーデンが自国の潜水艦にAIP(非大気依存機関)として
スターリングエンジンを採用して注目されました。
それを受けて日本が2009年にスウェーデンから技術を導入してそうりゅう型潜水艦を建造したそうです。
非大気依存機関、つまり大気に頼らずに動力を得られるため、従来の潜水艦よりも長期間潜行できます。
また、スターリングエンジンは動作音がきわめて静かですので静寂性・隠密性に優れていて潜水艦向きであり、
なおかつ潜水艦の周りには冷却用の水がたくさんあるので、温度差で動作するスターリングエンジンにとっては最適の環境です。
スターリングエンジンで賄いきれない電力・動力の確保のために
従来通りのバッテリーとディーゼルエンジンも搭載しています。ハイブリッドというやつですね。
従来艦から性能の面でも大幅に向上しており、水中排水量4,200トンは現代の通常動力潜水艦としては世界最大です。
日本の技術力の粋を集めた乗り物ですね。
出来れば簡単に国外に艦や技術を売るなんてことはせずに大切に扱ってほしいものです。

そうりゅう型潜水艦は
一番艦「そうりゅう(蒼龍)」から順に
うんりゅう(雲龍)
はくりゅう(白龍)
けんりゅう(剣龍)
ずいりゅう(瑞龍)
以上の五番艦までが現段階で竣工されており、現在も三隻が建造中です。

更に余談ですが、このそうりゅう型潜水艦までの潜水艦では
おやしお、みちしお、くろしお、などの「○○しお」という名づけが基本でした。
2007年の名称基準の改正で、潜水艦に「瑞祥動物(ずいしょうどうぶつ=縁起の良い動物)の名」を
使用しても良いことになり、龍、鳳凰、雉、麒麟などが使えるようになりました。
人が乗るものですし、縁起が良い名前のほうがなんとなく安心な気がしますよね。

長期間に渡って狭い艦内で訓練している自衛官の方々は大変なんてものではないと思います。
私も潜水艦が好きとはいえ、あの中に1週間以上いるとなるとツライです…
訓練中は危険と隣り合わせですし、縁起の良い名前にあやかって
皆さんの航海が安全なものであるようにお祈りいたしております。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket