情報を入手するためのFirefoxアドオン

   2015/12/03   icon-clock-o読了時間:約9分26秒

天気予報やメールなど、様々な情報に関するアドオン

このページでご紹介しているアドオンは以下の7つです。
それぞれクリックで該当記事部分にジャンプできます。

ステータスバーに Yahoo! の天気予報を
その名のとおり、ステータスバー(Firefoxブラウザの下部バー)に
yahoo天気予報を元にした天気・気温を表示させるアドオンです。

eQuake Alert++
世界の地震速報(マグニチュード、震源)を表示するアドオンです。

Gfox Google Shortcuts
Googleさんが提供している各種サービスを開けるボタンをツールバーへ追加します。

Tweet Line
上部メニュー内にツイッターメニューを表示させることができます。
ブラウザで他のサイトを閲覧しながらたまに呟きたい方におすすめのアドオンです。

検索ボックス自動入力
ウェブ検索を行なった際にツールバー内の検索ボックスにも
自動的に同じ語句を入力してくれるアドオンです。
同じ語句で検索をかけたい時に再入力する必要がなくなります。

IMEStatus
今入力しているテキストが全角になっているか半角になっているかを
色分けして教えてくれます。

LastPass
サイトにアクセスする際などのオンラインパスワードを管理してくれるアドオンです。

各アドオンのタイトルにインストールページへのリンクを貼ってありますので
クリックして移動してください(ノ´∀`)ノ ♥
各アドオンの基本的なインストール方法や、インストールしたアドオンの確認方法は
前回記事 【7】Firefoxのアドオン追加方法 をご覧ください。

ステータスバーに Yahoo! の天気予報を

ステータスバー(Firefoxの一番下のバー)の右端にyahooの天気予報を表示してくれます。
ふと明日の天気が気になった時、天気予報のサイトを開かなくても
ブラウザの右下を見るだけで、お住まいの場所の天気と気温を知ることができるオススメの拡張機能です。

Yahoo! 天気情報を元にして取得された今日と明日の天気と
最低・最高気温が表示され、ダブルクリックすると天気情報の詳細ページを開くことができます。
yahoo天気-画面右下
デフォルトで東京の設定になっているので、インストール後に設定から
ご自身のお住まいの地域に変更してください。
設定画面を開くには
・アドオン一覧画面から【設定】
・天気情報の部分を右クリックして【設定】
どちらでも同じ設定画面が開けます。
yahoo天気の設定

地震速報をブラウザ画面に表示させる  eQuake Alert++

世界の地震速報(マグニチュード、震源)を表示するアドオンです。
テレビやラジオに比べると情報の速さや正確性で劣る部分はありますが、
普段PCの前に居ることが多く、テレビやラジオが身近に無い方は念の為に設定しておくと安心です。

速報を表示する地域を地域名から選んだり、世界地図上で範囲を選ぶことも出来ます。
地図上の枠をドラッグして選択するのに結構コツがいるのが難点でしょうか。
上手く日本の辺りだけ選べる方法があればいいのですが (´・ω・`)
地震アラート画面右下

Googleの各種メニューをすぐに開く  Gfox Google Shortcuts

Googleさんが提供している各種サービスを開けるボタンをツールバーへ追加します。
私は主に使う機能であるGメール、Googleホーム、Googleマップ、カレンダーを入れています。
Googleショートカット設定画面
元々ナビゲーションツールバーを表示する設定にしていない場合には
上部のバーの何も無い場所(上の画像でいうと【ヘルプ】の右あたり)を
右クリックしてバー表示メニューを開き、『ナビゲーションツールバー』をクリックしてください。

他のことをしながらたまに呟きたい  Tweet Line

インストールすると、上部のバーの中に自動で『Tweet Line』のバーが増えます。
一行ずつタイムラインが流れ、バーから自分の呟きを投稿することもできるので
他の作業をしながらたまにツイッターを使いたい方におすすめのアドオンです。

Tweet Line 初期設定

Tweet Lineを開始するをクリックして初期設定を始めます。
ツイートライン01開始する

ユーザーを追加をクリックして自分のツイッターアカウントと連携させるために設定画面を開きます。
ツイートラインライン02ユーザーを追加

認証画面が開きますのでツイッターアカウントのIDとパスワードを入力してください。
ツイートラインライン03連携アプリを認証
正しいツイッターアカウントが確認された場合、更に認証のためにPINコードが出てきます。
PINコードをTweet Lineバーの暗証番号ボックスに入力してください。
ツイートライン04PIN認証

アカウントとPINコードの認証が全て完了すると、最新のツイートが表示されます。
ツイートライン05ライン

Tweet Line の使い方

Tweet Lineバーの右側に表示される各種アイコンの意味は次のとおりです。
ツイートライン06バーメニュー

その他の設定を行うにはTweet Lineバーの右から2番目のメニューを開くをクリックして、更に設定を開きます。
ツイッターライン07設定画面

検索語句の入力を補助してくれる
検索ボックス自動入力(学習機能付き)

Googleなどの検索エンジンを使用してウェブ検索を行なった際に
Firefoxのツールバー内の検索ボックスにも自動的に同じ語句を入力してくれるアドオンです。
数ページ移動した後や新しいタブを開いた時に改めて語句を入力する必要が無く、
すぐに同じ語句で検索をかける事ができて便利です。

たとえばGoogleで検索した時

検索入力01Googleトップ

検索結果の一覧のページに移動した時には既に
ツールバー内の検索ボックスにも同じ語句が入っています。
検索入力02ブラウザとバーを同期

これって今、半角?全角?どっち?  IMEStatus

日本語入力 (IME) の状態に応じてテキスト入力フォームの背景色が切り替わります。

ログインIDやパスワードなどの入力ボックスに英字を入力する際に
「あれ、これって今半角になってる?それとも全角?」と首を傾げつつ入力して
やっぱり全角になってた・・・半角に戻してもう一回入力か・・・と何度も入力し直した経験はないでしょうか。
このアドオンを入れておくと、文字入力する場所の背景色が変わって
「今は全角で入力してるよ!」「半角英数になってるよ!」と教えてくれます。
ちょっとした機能ですが、とても私は助かっているアドオンです。

半角英数の入力状態のとき

IMEステータス01半角英字ブルー

ひらがなの入力状態のとき

IMEステータス02ひらがなピンク

毎回パスワードを入れなくてもアクセスできる!
LastPass Password Manager

サイトにアクセスする際などのオンラインパスワードを管理してくれるアドオンです。
ひとつのマスターパスワードを決めておいて、他のサイトのID/パスワードを入力しておけば
次からLastPassにログインした状態でそのサイトに行けば自動でID/パスワードを入力してくれます。
マスターパスワードが破られれば、その他全てのパスワードが知られてしまうということでもあるので
マスターパスワードは出来る限り英数字を混ぜた複雑で長いものにしておきましょう。
管理されているパスワード自体は暗号化されてサーバーに保存されるので安心です。
しかし、マスターパスワードを忘れてしまうとLastPassの利用自体ができないのでご注意ください。

インストール後の設定

インストールが完了してFirefoxを再起動すると、自動で設定画面が起動します。
ラストパス01インストール日本語選択

アカウント設定

各項目を入力します。
ここで入力したメールアドレスはラストパスからの通知が送られてくるので
普段使用しているアドレスにしておきましょう。
また、このアドレスがアカウントIDになります。

パスワードの下に表示される緑色のバーは入力したパスワードの安全性を表しています。
右に行けば行くほど安全性が高い状態です。
出来るだけ長く複雑なものにして、安全性を高めておきましょう。
ラストパス02アカウント設定メール・キーワード・同意チェック
この後にデータのインポート画面に移ります。
ここで、今までFirefoxを使ってた中で記憶してるパスワードとかをそのまま引き継ぐか、
それともまっさらな状態からラストパスを使い始めるかを決めることができます。
引き継ぐ=インポートする場合は、引き継ぐ内容を確認してからインポートをクリックしてください。

フォームの入力設定

最後にフォーム入力の画面が出てきます。
これは例えば商品の購入画面や、アンケートの入力画面などで入力する
住所・名前・電話番号・クレジットカード情報などを予めラストパスに登録しておいて、
個人情報を入力する必要があるサイトを利用した際に自動入力させるものです。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket