ネットショッピングご利用の際に便利なFirefoxアドオン

   2015/12/03   icon-clock-o読了時間:約14分28秒

ネットショッピングをよくご利用される方におすすめのアドオン

Amazon、yahooショッピング、楽天市場、etc・・・
ネットを利用しての通信販売もすっかり定着した感がありますね。
特にAmazonさんは無い物は無いんじゃないかという品揃え、
ほぼ確実に翌日には届く正確さから、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。
そんなネットショッピングを利用する際に役立ちそうなFirefoxのアドオンをご紹介いたします。
このページでご紹介しているアドオンは以下の4つです。
それぞれクリックで該当記事部分にジャンプできます。

Calilay
あなたが通販しようとしているその本は近所の図書館にもあるよ!と教えてくれるアドオンです。

最安値チェッカー
Amazon、yahooショッピング、楽天市場の商品ページに最安値情報を表示してくれます。

Auto Price Checker
楽天のメルマガ受信解除など色々な機能が付いた価格比較アドオンです。

Lazarus: Form Recovery
ブログやメールフォームなどに入力していたテキストをうっかり途中で消してしまった時、
自動バックアップデータからテキストを復旧してくれるアドオンです。

また、以下の各アドオンのタイトルにはインストールページへのリンクを貼ってあります。
お気に召したアドオンがありましたらクリックして移動してください(ノ´∀`)ノ ♥
各アドオンの基本的なインストール方法や、インストールしたアドオンの確認方法は
前回記事 【7】Firefoxのアドオン追加方法 をご覧ください。

本を買う前に最寄り図書館の蔵書を検索 Calilay

あなたが買おうとしているその本は近所の図書館にあるよ!
とお知らせしてくれる拡張機能です。
本を買いすぎて本棚がいっぱいの方、読みたい本が多すぎて出費が馬鹿にならない方に。

図書館蔵書検索サイト「カーリル」の API を使用して
・Amazon(商品ページ、ほしい物リスト)
・MediaMarker(バインダー)
・読書メーター(読みたい本)
以上のサイト内で表示した本に対して、近所の図書館に同じ本が蔵書としてあるかどうか、
そしてその本が貸出可能な状態かを表示してくれます。

インストール後の初期設定

初期設定では地域が『東京都世田谷区』になっているので、
ご自身のお住まいの地域に設定し直してください。
Calilay01図書館設定-初期を削除

下向き矢印(V)をクリックして地域を選択後に追加をクリックして設定完了です。
Calilay02最寄を設定

検索中

本の商品ページを開いてしばらく、蔵書の検索を行ないます。
検索に少し時間がかかることもありますので気長にお待ちください。
途中で検索が止まってしまったようなら、ブラウザメニューの
 icon-repeat ページの更新をお試しください。
Calilay03本を検索中

貸出中

近所の図書館にその本があったけど残念ながら借りられている状態であれば『貸出中』と表示されます。
Calilay04貸し出し中で予約可

貸出可

蔵書があり、尚且つ貸出可能な状態であれば青い枠で表示されます。
Calilay06貸出可能

『予約する』ボタンから蔵書予約

そのまま借りたい本の予約ページに移行することもできます。
図書館の蔵書予約を利用するためには利用者カード番号とパスワードの登録が必要です。
Calilay05図書館予約ページ

ついでにこのアドオンが使用できるサイトの
アマゾンさん以外のサイトについてちょっとしたご説明を。

Evernoteと連携できる MediaMarker

MediaMarker(メディアマーカー)は読んだ本や読みたい本を見つけたり、
登録したり、レビューを管理したりできる、読書家の方におすすめのサービスのようです。
私はこちらのサービスを利用したことが無いので細かい部分が分かりませんが、
iPhoneアプリやEvernoteと連携させての利用も可能というところがいいですね。
Evernoteについては データの閲覧・保存を簡単にするFirefoxアドオン をご覧ください。

Evernoteと連携できるということは、読んだ本とその感想などをMediaMarkerで記録して、
同一内容をEvernoteで作った『読書ノート』に自動記入したり、
MediaMarkerで見つけた本をEvernoteで作った『欲しい本リスト』に入れたりといったことができるので、
より楽しい読書ライフが送れそうです。
後から見直すのも簡単なので、間違えて同じ本を2冊買ってしまった、なんて失敗を防ぐこともできます。
iPhoneをお持ちの方であればちょっとした空き時間や移動時間を有効利用することができて一石二鳥。

読書生活を記録できる 読書メーター

自分が今まで読んだ本、買ったはいいけど読んでない本、
これから読みたい本を登録・管理できるサービスです。
登録した作品や作者の新刊情報をお知らせしてくれる機能や、
ツイッターやフェイスブックと連携して投稿できる機能もあります。
他にも、今まで自分が読んできた本の傾向からオススメを紹介してくれたり、
自分が読んだ本の著者さんの既刊本の中から未読のものだけを表示するグラフなど
読書好きな方にはかなり楽しいサービスだと思います。

私が一番読書家だったのは小中学生の頃なので、
これが子供の頃にあったら面白かっただろうなーとちょっと残念に思っています。
お子さんがいらっしゃる方は、ご自身の読書生活の御供にはもちろんですが、
是非これでお子さんの読書ぶりを日々記録してあげてください。
「こんなに読んだんだー」と、より読書に対する意欲が沸くかもしれませんし、
読書感想文に向いていそうな本を皆の感想を読んで探したりもできます。
お子さんが大人になった時には「あの時読んだあの本、なんだっけ、内容は思い出せるのにタイトルが…」
「もう一回読みたいのにどうやって探したらいいんだ」ともやっとした気持ちにならずに済みます。
※本の感想を巡って喧嘩する人達や、交流機能を利用して連絡を取ろうとする人達も
 中には紛れているので、お子さん自身で登録管理することはおすすめできません。
 そこだけご注意くださいね。

他のサイトでもっと安く買えるかも? 最安値チェッカー

Amazon、yahooショッピング、楽天市場の商品ページに最安値情報を表示してくれます。
実際は既に商品が売り切れてしまっているのに
そのサイトの履歴として価格が残って表示されている場合もありますが、
よりお得にお買い物するための目安にしてみてください。
最安値チェッカー01アマゾン

自動価格比較/ショッピング検索 Auto Price Checker

上の最安値チェッカーと似た機能ですが、こちらは価格比較リストの表示や、
楽天のメルマガ受信解除など色々な機能が付属しているので私はこちらを使っています。
検索結果に表示されるサイトも多く、機能が多いぶん少し動作が遅くなることがありますので、
シンプルに最安値だけを知りたい方は最安値チェッカーをお使いください。

オートプライスチェッカーの設定

インストール後に、ブラウザ画面の下部バー右側に¥マークの
Auto Price Checkerアイコンが表示されるようになります。
アイコンをクリックすると赤いアイコンが灰色になり、価格比較機能をOFFにすることができます。

オートプライスチェッカー08画面右下アイコン



アイコンを右クリックすると設定画面が開きます。
オートプライスチェッカー設定

楽天メルマガ解除について

楽天市場でお買い物をすると、注文の途中、というか最後のほうに
メルマガを受信するかどうか選択する項目があります。
それが基本的には『受信する』にチェックが入っているため、うっかり見過ごして注文完了してしまうと
楽天市場からのメールマガジン、買い物した店舗からのメールマガジン、
更にセールのお知らせ、ポイント残高のお知らせ・・・と
迷惑メールか!と思うくらいの勢いでメールマガジンが届いてうんざりすることがあります。
そんなうっかり見逃してしまうメールマガジンのチェックボックスを自動でオフにして
メールマガジンはいらない!という状態にしてくれる機能です。
あの楽天メールの嵐に遭遇したことがある方ならこの便利さを分かっていただけるはず(`・ω・´)

自動価格比較

今現在見ている商品と同じものを他のショッピングサイトから検索して価格が安い順に表示してくれます。
オートプライスチェッカー01価格比較

右側にある広げるをクリックすると、更に多くの価格リストや詳細検索を表示させることができます。
オートプライスチェッカー03価格は同じでポイント違い

テキストから価格を検索

商品名や型番など、検索したいテキストを選択した状態で右クリックして
メニュー内にある価格比較をクリックしてください。
オートプライスチェッカー04テキスト検索

価格なびのサイトに移動、検索結果が表示されます。
検索した語句に関連する商品が全て表示されるので、
詳細な型番などが分かっている商品であれば型番で検索したほうが正確な検索ができますね。
オートプライスチェッカー05テキスト検索2

入力途中で消えてしまったテキストを元通りに
Lazarus: Form Recovery

ブログやメールフォームなどにテキストを入力している最中に
うっかり戻るボタンをクリックして入力し直しになったり
削除をクリックしすぎて全部消えてしまったりしたことはありませんでしょうか。
何項目も入力し終わった後だったり、結構な長文でブログ記事を入力していた時には
「また最初から打ち直すのか…」とげんなりしてしまいますね。
このLazarus(=ラザロ) をインストールしておくと、入力したテキストを暗号化した上で
自動的にバックアップを取っておいてくれるので、消えてしまった際に簡単に復旧することができます。
初期設定ではパスワードは保存しない設定になっているのでセキュリティも安心です。
また、オプション設定で指定した時間が経過したデータは自動で削除してくれます。

Lazarusの設定画面を開く

ブラウザ下部に右側に表示されるLazarusの十字架っぽい金色のアイコンをクリックすると設定メニューが開きます。
通常のクリックでも、右クリックでも同じように設定画面を開くことが出来ますが、
一つご注意いただきたいのは、Disable Lazarus on this siteをクリックして
一度『このサイトではLazarusを無効にする』を設定すると、
右クリックでなければ設定画面を開くことができなくなります。
もう一度設定画面を開いてEnable Lazarus on this siteをクリックすると
Lazarusを有効に戻すことができます。
ラザロ01画面右下のアイコンクリック

詳細なオプション設定を行う場合は、先ほど右クリックで開いた設定メニューの一番上にある
optionsをクリックするとオプション設定画面を開くことができます。

一般設定

ラザロ02オプション設定-メニュー表示
メニュー内にLazarusのアイコンや項目を表示させるかどうかの設定を行えます。
このチェックを外すと、指定のメニュー内にLazarusが表示されなくなるので、
基本的にはこのままで変更しないようにご注意ください。

一番上の Show text~ と Show saved time~ については保存したテキストを
『テキストの内容で表示』するか、『保存された時刻で表示』するかという設定なので
保存した時間から復元するデータを選択したい場合はShow saved time~にチェックを入れてください。

セキュリティ設定

パスワード入力、クレジット番号の扱い、データ保持期間などを設定することができます。
ラザロ03オプション設定2セキュリティ

クレジットカード番号について

デフォルトの設定ではReplace credit card numbersにチェックが入っています。
チェックが入っていれば、ネットショッピングの購入フォームなどにクレジットカードの番号を入力、
その後フォーム入力内容を消してしまってLazarusを使用した際に
右クリックメニュー内のRecover Formをクリックしても
『00000・・・』とゼロの羅列が出てくるだけで、クレジット情報を復元させることができず、
他の人がネットの履歴からクレジット情報を呼び出して悪用できない設定になっています。
ラザロ09クレジット情報
Replace credit card numbersの項目のチェックを外すとゼロに置き換えることなく、
通常どおりクレジットカード番号が呼び出されて表示されてしまうので
チェックを外す場合は良くご検討いただいてからになさってくださいね。

データベース設定

ラザロ04オプション設定3データベース
Delete the Database をクリックすると
今まで保存されたテキストデータが全て消去されます。

Lazarusの使い方 ~テキストボックスの復元~

テキストを入力中の状態↓
ラザロ05テキスト入力
入力途中でうっかり消えてしまった!
そこで落ち着いてフォーム内の余白のどこかで右クリックしてみると
Recover TextというLazarusメニューが出てきます。
保存されているデータの中から復元したいテキスト内容を選択すると
自動的にもう一度テキストを入力した状態にしてくれます。
ラザロ06テキスト復活

Lazarusの使い方 ~メールフォームの復元~

ラザロ07フォーム入力中
先ほどのテキスト復元と同じく、フォーム内の余白のどこかで右クリックすると
今度はRecover Formというメニューが表示されます。
保存されているフォーム内容の1行目が表示されるので、復元したいデータを選んでクリックしてください。
ラザロ08フォ-ム復活

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket