エラー『 updated がありません 』を修正@Mantra

   2015/12/03   icon-clock-o読了時間:約5分29秒

WordPressでブログを書いているとGoogleさんのウェブマスターツールに表示されることがある
『 updated がありません 』というエラーに対応するお話。

 目次 

エラーの内容について
単一記事の投稿 (single.php)を編集
Testing Toolで確認
   ∟『 ノードが空です 』という警告について
ウェブマスターツールに反映されるまで

エラーの内容について

WordPressでブログを開設して以来ずっとGoogleウェブマスターツールで出ていたエラー・・・
それが『 updated がありません 』というエラーです。
Googleウェブマスターツールエラー

『 検索ロボットとかに向けた更新日時が指定されてないよ! 』ということらしいです。
hentryという構造化データを使っている様々なテーマにおいてこのエラーは表示されるようですが、
見た目に何か問題が起こるわけでもなく、更に検索順位などのSEO的には
あんまり関係がないらしいので今までほったらかし状態でした。
でもせっかくサイトをレスポンシブWebデザインに変えてスマホ対応させたので
この機会に出来るだけエラーを減らしてみようと思いました。

私はこのブログをWordPressで運営するにあたって、Mantraというテーマをお借りしています。
(※と書いている途中でテーマをGush2に変更したので今は違います。
  しかもGush2にしたらたぶんこのエラーは出ないんじゃないかと思うので、
  ちまちま修正するより思い切り良くテーマを変えてみるのもアリかもしれません)
WordPressのために無償提供されているテーマが色々あり、
どのテーマも管理を簡単にしてくれたり、イイ感じのレイアウトにしてくれたりするのですが、
自分でイチから作ったわけではないので内容を把握していないため、
こういった修正時にどこをどう触るべきかちょっと困りますよね。
私も暗中模索状態で取っているとりあえずの対応策なので、必ずしも正しい方法ではないかもしれません。
私と同じくテーマMantraを使っている方はご参考程度に見ていただければ幸いです。

単一記事の投稿 (single.php)を編集

まず 外観>テーマの編集>単一記事の投稿 (single.php)を開いてください。
single.php

single.php 内の任意の場所(最終更新日を表示させたい場所)に以下の記述を追加します。

id=”update” で最終更新日をブログ内に表示させます。
同じ日付を class=”date updated” でupdated情報として指定し、
style=”visibility:hidden” によって文字としては表示させない
(ロボットにのみ伝わる目に見えない情報)状態にしています。

ちなみに Y/m/d とある箇所を Y年n月j日 に変えると
『 2015年2月28日 』のような日本語表記になります。
また、『 最終更新日 』の部分も、お好みの表記に変えていただいて大丈夫です。

当ブログの場合はページ下部の『 関連記事 』の下に表示させています。
最終更新日の表示場所

single.php ファイルの編集箇所としては35行目のあたり。
単一記事ファイルの編集

Testing Toolで確認

Testing Tool でURLかコードを入力すると、現在の構造化データの状態を検証できます。

URLを入力したら『 検証 』ボタンをクリック。
URLで取得
検証結果として表示された『 hatom 』の部分を開くとブログのmeta情報が表示されます。
正常に更新日が取得されていれば『 updated: 』の項目が追加されているはずです。
hatomデータ

『 ノードが空です 』という警告について

Testing Toolの検証結果として、『 ノードが空です 』という警告が表示されることがあります。
ノードが何かいまいち分からないのですが、ノード(n [n]:)に設定されるべき値が無い、
ということだろうと思うので、ファイルの中から n [n] の部分を探し出して削除するか、
何らかの値を設定すればいいような気がします。

ノードについてはウェブマスターツールのエラーとしては検出されないので
急いで修正しなくても大丈夫だとは思うのですが・・・
気になる方は修正方法を探してみてください。

私もファイルを色々見てみたのですが、どの部分かが未だに分かりません U・x・U
何か分かったらここに追記したいと思います。

ウェブマスターツールに反映されるまで

Googleさんのクローラーが来て、ページの修正を認識してくれるまでは
ツールのエラー改善として反映されないので、大体2週間から1ヶ月、
記事数の多いサイトさんだと全てのページが改善済みと認識されるまでは結構日数がかかるかもしれません。
(逆にタイミングによっては2日ほどで反映されたりもしますが)
すぐに反映されなくても気長に待ってみてくださいね。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket