WP SlimStat(Ver4.0)が動かなくて困ったお話

   2015/06/18   icon-clock-o読了時間:約7分36秒

昨日(2015年5月13日)、お昼休みにブログのアクセス解析でもチェックしようと思ったら
WP SlimStat の更新のお知らせが出ていたので、言われるがままほいほいと更新しました。
するとリアルタイム解析が止まって動かなくなってしまいました。なんでやねんorz

そこから製作者さんのメッセージどおりに設定をいじってみたり、キャッシュクリアしたり、
一回停止してから有効化してみたり、データベースの容量を空けてみたりと
じたばた足掻いてみたのですがどうにもならず。

そこで同じプラグインをお使いの方の呟きや記事を検索して拝見したところ、
WP SlimStatの新バージョン4.0そのものの不具合のようです。
私よりも状況が悪く、WordPress自体が動かなくなった方もいるようで、
このプラグインを使っているひとが多いだけにお困りのひとも多いのではないでしょうか。
WordPressが止まってしまった場合の対策については
yaboonz様の記事 『wp-slimstatの最新バージョンでWordPressが起動しない場合の対処方法』 をご覧ください。

(※リンク切れのため棒線削除しています)

次のバージョンアップによる修正まで数週間はかかるとのこと、
便利かつ使い慣れたSlimStatが動かないとは困りましたね・・・
追記;バージョン 4.0.2で改善されました。早く直って良かった!)

でも無料で使わせて貰ってる身ですからWP SlimStatの9歳のお誕生日を祝いこそすれ恨みには思えない、
ということで大人しく修正バージョンの配布を待つとともに、
私がじたばた足掻いた過程や、この機会に入れてみたアクセス解析プラグインをご紹介したいと思います。

【 Import Old Data 】ボタンを押してみた

製作者さんのメッセージの最後にこんな事が書いてあります。
WP SlimStat運営メッセージ

Please note: if you have more than 750k records in your table,
the import script will not run automatically.
Go to Settings > Maintentance and click the Import Old Data button.

ご注意:あなたがテーブルに750K以上のレコードを持っている場合、
インポート·スクリプトが自動的に実行されません。
【 設定 】> 【 Maintentance 】に移動し、【 Import Old Data 】ボタンをクリックします。


そこで言われるがままに【 Import Old Data 】ボタンを押してみます。
WP SlimStat設定

WP SlimStat の日本語化

英語版で使っている方には上記の説明が分かりづらいかと思いますのでついでに日本語化のご説明も。
wp-content\plugins\wp-slimstat\adminフォルダ内のwp-slimstat-admin.phpファイルを
ローカルフォルダにダウンロードします。
(サーバー上で編集しても良いと思うのですが、私は念のために
 ローカルフォルダ側でバックアップを取ってから作業してます)
wp-slimstat-admin.phpファイルを開き、75行目のあたりにある
wp-slimstat-en_US.mo と書いてある部分をwp-slimstat-ja_JP.mo に書き換えます。
書き換え保存したらアップロードしてください。
WP SlimStat日本語化
※プラグインの更新が行われる度にファイルが英語版に戻ってしまうので
 更新ごとに書き換えが必要です。

こんな感じで【Import Old Data】をクリックしてみても何にも変わらなかったので、
W3 Total Cacheでオールキャッシュクリアしてみたり、
WP SlimStat設定のDelete Archiveやパフォーマンスの改善とか押せそうなものをとりあえず押してみたり
データベースに溜まってた不要データ削除したり・・・残念ながら全て空振りましたが(。・ × ・)

バージョン 4.0.1 でも変化なし

記事を書いている途中で新しいバージョンの更新お知らせが出たので早速更新してみましたが
特に何も変化はありませんでした。
早速直ったかと思ったけど違いましたね・・・

というわけで今後また同じようなことがあった時のためにも、
違うアクセス解析プラグインも入れておこうと思います。
宜しければ次の記事 【WordPress】アクセス解析プラグイン WassUp Real Time Analytics の設定 にも
お付き合いください。

追記;バージョン 4.0.2で改善

昨晩の更新で改善されたようで、今日5月15日の分は問題なくアクセス解析が表示されています。
作者のCamuさん、迅速な対応ありがとうございました!(ノ´∀`)ノ

相変わらずWordPressとそのプラグインを理解しきれていないので
不具合が起きる度にドキドキしてしまいます。精進あるのみですねー。

追記:また動かなくなったので再インストール

6月に入ってまた動かなくなってしまいました。
ここまで止まるとなると、何か他のプラグインの更新とかと競合しちゃったんでしょうか。
こうなったら仕方ないのでデータをエクスポートした後でプラグインを削除して再インストールを行いました。
するとあっさり改善。本当になんだったんだろう U・x・U

ついでにWP SlimStatをインストールした時の設定についても書いておこうと思います。

日本語化する

プラグインのフォルダを開き、wp-slimstat icon-angle-right admin
 icon-angle-right wp-slimstat-admin.phpファイルを開きます。

76行目あたりのコードの末尾のwp-slimstat-en_US.mo の部分をwp-slimstat-ja_JP.mo に書き換えてください。

設定を変更する

全般
データベースの項目ではデータの保存期間を何日間にするか、
またその下のDelete recordsでは保存期間を過ぎたデータを自動削除するかどうかも設定できます。

フィルター
登録ユーザーの解析;ログイン中のユーザーも解析に入れるかどうか
スパム投稿者を無視;スパムコメントを残しに来た迷惑な相手を解析に入れるかどうか
Ignore Bots(ボットを無視する);クローラー(Googleなどのロボット)を解析に入れるかどうか

全て解析するために追跡していると、積み重なっていくデータ容量も大きくなってしまうので
出来るだけ省いておいた方がいい気がします。
特にクローラーは来る頻度も高いので 『 はい 』 にチェックを入れて解析から外しておくことをおすすめします。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket