Windows9を飛ばしてWindows10になった理由

    icon-clock-o読了時間:約7分33秒

いよいよ今年の7月29日にリリースされるWindows10。
Windows8、Windows8.1ときて、なぜかWindows10。
9はどこへ行ったんだろう・・・と皆さん首をひねったのではないでしょうか。

なぜWindows9は飛ばされてしまったのか、その理由については
・Windows8で盛大にコケたので 『 8の次 』 を無かったことにしてイメージ一新
・過去のWindows95やWindows98とプログラム上で誤認してしまうソフトがあるため
などなど、色んな憶測が流れています。

しかし今年4月のMicrosoft Build 2015にて
Microsoftのジョー・ベルフィオーレさんが着ていたTシャツにその答えが・・・?

Tシャツの中のバイナリコード

ジョー・ベルフィオーレ(Joe Belfiore)さんはMicrosoftの
OS担当コーポレートバイスプレジデント(本部長っていうか副社長っていうかかなり偉い人的な役職)で、
Windows Phoneに加えてInternet Explorerのマネージャーも努めていました。
Internet Explorerの後継ブラウザであり、Windows10に標準搭載される
Microsoft Edge(エッジ)の開発担当でもあります。

4月末に開催された、技術者向けの研究会であるMicrosoft Build 2015において
ベルフィオーレさんを始めとしたMicrosoftスタッフがWindowsのロゴマークのついたTシャツを着ていました。
ベルフィオーレさんのTシャツ
(画像出展;Windows Central

右の画像を見ていただくと分かるように、ロゴ部分が数字の0と1でできていますね。
これはバイナリコードと呼ばれるものです。

バイナリコードとは

簡単に言うとコンピュータに指示を出すための2進数でできたコードです。
私達がソースコードで命令したら、コンパイラが翻訳してくれてバイナリコードになり、
そこでようやくコンピューターは命令を理解して動作してくれます。
また逆にコンピューターからのお返事などもバイナリコードからコンパイルされて
私達が理解できる文字になっています。

コードに隠されたメッセージ

バリのソフトウェア開発者・Kevin Gosseさんがデコードしてくれたところによると
それぞれのバイナリコードに隠されていたメッセージは以下の4つ。

There are 10 types of people in the world
Windows 10, because 7 8 9.
Congrats on being one of the first.
Windows Insiders help us develop the future. Talk to us @ Windows

それぞれどういう意味か見ていきましょう。

There are 10 types of people in the world

訳すと『 世の中には10種類の人間が居る 』となりますね。
これは英語圏のプログラマーの中では割と広く知られている
バイナリコードについてのジョークめいた言い回しで、本来はこの後にもう一文続きがあります。
There are 10 types of people in the world.
(世の中には10種類の人間が居る)
Those who understand binary and those who don’t.
(バイナリを理解する人とそうでない人だ。)


『 10 types 』 の 『 10 』 は2進数で 『 2 』 になります。
バイナリを理解する人なら、最初の一文も『 世の中には2種類の人間が居る 』と読めて
後の文章との意味が繋がるんですね。

このTシャツのメッセージもバイナリコードが分かる人じゃないと読めないよ、という意味でしょうか。
There are (Windows)10 types of people in the world.とも
掛けたのかと思ったのですがさすがに無理があるか・・・

Windows 10, because 7 8 9.

これも元ネタは英語のジョークで
『 Why is 6 afraid of 7 ? (数字の6は7をなぜ怖がっていると思う?) 』
『 Because seven eight (ate) nine! (7が9を食べちゃったからさ!) 』
というものです。

これは、英語ではeight (数字の8)とate(食べた)が同じ発音であることから、
1,2,3・・・と数字を数えていると7,8(ate),9 のように聴こえることを利用したジョークです。

(Windows9が無くて)Windows10なのは、7が9を食べたからだよ、ということですね。
同じことを去年のプレゼンでもTerry Myerson(テリー・マイヤーソン)さんとベルフィオーレさんが
二人して言っていたようなので、もうこれが間違いなく公式見解。
皆の疑問にジョークで返してくるそのセンス、嫌いじゃありません。

Congrats on being one of the first.

直訳すると 『 最初の一人であることにおめでとう 』 とか?
このTシャツに書かれたコードを解読した最初の人に向けた称賛でしょうか。
おめでとうケビンさん、そして解読ありがとうケビンさん。

Windows Insiders help us develop the future. Talk to us @ Windows

『 Windows Insidersは将来の開発の手助けになる。
  Windowsについて私達に相談してね。 』

Windows 10のユーザーはWindows Insider Programというプログラムを使うと
フィードバック(エラー報告など)を送ることができるそうなので、
参考のためにどんどんフィードバックちょうだいね、というお願いですね。

真実はいつも藪の中

というわけで、Windows9が飛ばされてWindows10がリリースされる理由は
ジョークで誤魔化されてしまいましたが、こういうギークらしい遊び心は大好きです。
スティーブ・ジョブズがAppleの社名とロゴの由来をはっきりさせないまま天に召されたように、
はっきりしない方が想像の余地があって楽しいような気もします。

ちなみにこのTシャツは非売品のようですが、
その内 Microsoftストアで売られるようになったら面白いですね。
Windows10もこのTシャツのようにコンピュータの基本と遊び心、
両方を備えたOSになっているといいなあと思います。



Windows 10 Binary T-Shirt
試しにメッセージを入れた画像を作ってみました。
バイナリコードもいいですが、そのままのメッセージでも
MicrosoftスタッフさんのTシャツにいいかもしれない。と自画自賛してみる。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket