【Google日本語入力】で文字入力・変換を効率的に

    icon-clock-o読了時間:約13分28秒


前回記事にて Unicode絵文字と日本の文字コード についてご説明しました。
Google日本語入力をインストールすると、Unicode絵文字や英単語も
お使いのパソコンのキーボードで簡単に入力することができます。


 目次 

日本語入力ソフト IME
Google日本語入力について
Google日本語入力のインストール
  ∟辞書を引き継いでインポート(入力)する
使用するIMEを切り替える
  ∟キーで切り替え
  ∟マウスで切り替え
使用しないIMEをアンインストールする
プロパティから各種メニュー設定をする
  ∟テンキーからの数字入力
  ∟Unicode絵文字入力をONにする
  ∟予測変換の初期表示数を決める
  ∟予測変換を無効にする
変換の選択・決定
幅広い変換候補
単語を登録する


日本語入力ソフト IME

『 ねこ 』 を 『 猫 』と漢字にしたり 『 ネコ 』 とカタカナにしたりする
日本語の変換入力を担っているのがIMEです。
お使いのパソコンがWindowsの場合は通常Microsoft IMEになっています。
MacであればIMEに当たるのは“ことえり”などの文字変換設定ですね。

こちらはMicrosoft IMEの日の丸と筆のアイコン。
MicrosoftIME

IMEによって変換候補数の違いや、学習能力の差があるため
デフォルトのMicrosoft IMEからお好みのIMEに変えて使っている方も多いようです。
というわけで、今回はこのIMEをUnicode絵文字入力にも対応している
Google日本語入力に変更する方法をご説明します。

Google日本語入力について

Google日本語入力はGoogleが無料提供している入力ソフトです。
メリットとしては、Unicode絵文字が変換候補に出てきてそのまま入力できる点や
今まで使っていたIMEで単語登録した内容を引き継げる点などがあります。

更に、WEB上で良く使われている単語や人名が登録・追加されていくため
ユーザーによってはMicrosoft IMEよりも便利に使うことができます。
『わんだいれくしょん(One Direction)』や『わんおくろっく(ONE OK ROCK)』といった
英名アーティストが一発変換できた時、そして今までは一文字ずつ打っていた俳優さんの名前が
途中まで打ったらフルネームで変換候補に出てきた時の喜びたるや。

しかしあまりそういった変換を使わない方にとっては、
「 変換候補が出てきすぎて選ぶのが面倒。逆に時間がかかる! 」ということになりかねません。
一旦インストールしてみて、やっぱり使いにくいと思われた場合は
アンインストールして元のIMEに戻してくださいね。

また、両方のIMEをインストールした状態で、Microsoft⇔Googleを簡単に切り替えられるので、
絵文字を打ちたい時だけ一時的にGoogle日本語入力に切り替えることも可能です。

Google日本語入力のインストール

Google 日本語入力のページにアクセスして
【 Google日本語入力をダウンロードする 】ボタンを押してください。
Google日本語入力ダウンロード
使用に関しての同意事項を確認して【 同意してインストール 】をクリック後【 実行 】してください。
インストール
お使いのブラウザによっては 『 ファイルを開く 』 ウィンドウが出ますので
【 ファイルを保存 】してからファイルを開いて実行してください。

インストール中にオプション設定の選択画面が出ます。
そのままで良ければ 『 OK 』 をクリックすればインストール完了です。
インストールオプション
ホットキーによるIMEの切り替えを行う場合はチェックを外してください。

辞書を引き継いでインポート(入力)する

インストール中のオプション選択で『 MS-IMEのユーザー辞書をGoogle日本語入力に引き継ぐ 』の項目に
チェックを入れたにも関わらず、Microsoft IMEで単語登録した辞書が引き継がれていない場合は
手動でインポートする必要があります。

デスクトップ画面の右下にあるGoogle日本語入力のツールアイコン(スパナマーク)をクリック、
【 辞書ツール 】をクリックします。
辞書ツール
左上の【 管理 】
⇒メニュー一番下の【 Microsoft IMEのユーザ辞書をインポート 】
⇒【 OK 】
これで今まで使っていたMicrosoft IMEで登録していた単語が引き継がれます。
辞書インポート
また何か不具合が起きて辞書が消し飛んでしまった時のために【 選択した辞書をエクスポート 】から
現在の辞書をデータとしてエクスポート(出力)してファイルデータとして保存することもできます。

使用するIMEを切り替える

IMEを複数インストールしている場合、キーボードやマウス操作で簡単に切り替えることができます。

キーで切り替え

【 Ctrl 】キーを押したまま【 Shift 】キーを押すと切り替わります。
IME切り替え
※うっかりキーを押した時に切り替わって困る!という方のために
 プロパティの【 その他 】からキー切り替えを無効化することも可能です。

マウスで切り替え

画面右下のIMEアイコンをクリック⇒使いたいIMEをクリックすると切り替わります。
IMEマウスで切り替え

使用しないIMEをアンインストールする

他のIMEソフトを使ってみようと思ったけどやっぱり今までの方が良かった、という場合は
使用しないIMEをアンインストールして削除しましょう。
危険なBaidu IMEをうっかり入れてしまった際も同じ手順でアンインストール可能です。
※以下の手順はWindows7での操作画面ですが、
 基本的にコントロールパネルを開いた後の操作手順は同じ流れのはず。

デスクトップ画面左下のWindowsスタートメニューをクリック
   icon-arrow-down 
【 コントロールパネル 】
   icon-arrow-down 
【 プログラムのアンインストール 】
   icon-arrow-down 
ABC順に並んだ一覧の中から削除したいIMEを探して右クリックして【 アンインストール 】
IMEアンインストール

プロパティから各種メニュー設定をする

入力・変換がより使いやすくなるよう、最初に設定しておくと便利な項目をご説明します。
画面右下のスパナアイコンをクリックして【 プロパティ 】を開いてください。
※設定を変更した後は【 OK 】をクリックして設定を保存することを忘れずに。
プロパティ

【 一般 】タブの設定

テンキーからの数字入力

Google日本語入力のデフォルト設定では、テンキーを使って数字を入力した際
『 半角数字⇒エンターで決定 』 という状態です。
「 数字はそのまま半角でいいからエンターを押す手間を省きたい 」という方は
設定で直接入力をONにしておきましょう。

【 テンキーからの入力 】⇒【 半角 】を【 直接入力 】に変更してください。
テンキー直接入力

【 辞書 】タブの設定

Unicode絵文字入力をONにする

プロパティの【 辞書 】タブをクリック
⇒『 Unicode6絵文字変換 』 にチェックを入れてください。
Unicode絵文字を有効にする
これでUnicode絵文字が変換候補に表示されるようになります。
『 えがお 😁 』 や 『 さくら 🌸 』 といった感じですね。
また、単純に 『 えもじ 』 と打って変換すればずらっと絵文字が出てきます。

絵文字によっては変換候補の中ではただの四角になりますが、
Unicodeに対応しているエディタ(ブラウザ上の入力欄やUnicode対応のテキストエディタ)であれば
決定すると問題なく絵文字が表示されます。
絵文字入力
合わせて【Google日本語入力】で出せるUnicode絵文字とひらがなの対応表をご覧ください。

予測変換の初期表示数を決める【 サジェスト 】タブの設定

予測変換の初期表示数を決める

Google日本語入力では、キーを打つと同時に予測される変換候補(サジェスト)が表示されます。
予測変換候補
最初は3つの候補が出てくる設定になっていますが、
1から9の間のお好みの表示数に変更することができます。

【 サジェスト 】タブの 『 サジェストの最大候補数 』の項目で数字を選択してください。
サジェスト設定

予測変換を無効にする【 プライバシー 】タブの設定

予測変換を無効にする

自分のパソコンを仕事場に持って行き、うっかり上司の前でアレな予測変換候補が並んでしまったら気まずい。
学習機能で自分が入力した単語が出てきて趣味がバレたら恥ずかしい。
そんな時には 『 シークレットモード 』 や 『 プレゼンテーションモード 』 に
チェックを入れることで、一時的にすべてのサジェスト機能を無効にすることができます。
プライバシー設定
チェックを外して解除すればまた元通り、予測変換や学習による変換候補の並び替えが有効になります。

変換の選択・決定

変換候補の中から選択する方法は
スペースキーを押す
Tabキーを押す
矢印の下キーを押す
マウスでクリックする
以上の4つがあります。

また、スペースキーを連打して変換ウィンドウを開いた状態であれば数字キーでも選択できます。
変換候補の選択

幅広い変換候補

Google日本語入力は今まで世間の人々がWEB上で入力した文字データを蓄積して
反映しているだけあって、かなり幅広い変換に対応しています。

例えば 『 かお 』 と打つだけで顔文字が色々出てきます。
顔文字

英語のスペル確認にも便利です。
英語変換

予測変換の精度もすごい。
あかいあくま
遠坂凛ちゃん(©Fate)のつもりで打っていたら
『 赤い悪魔の子守歌 』 という漫画のタイトルが候補に出てきて衝撃を受けました。
王道少女漫画の絵柄なのに内容は人喰い蜘蛛によって白骨死体が量産されるという
なかよしで掲載していたとは信じがたい漫画でした。
私は蜘蛛が死ぬほど嫌いなのですが、モンスターパニック物は大好きなので
「 蜘蛛わっさわっさは二度と見たくないがパニックホラーとしては凄く面白いので手離せない 」
という二律背反的な思いとともに本棚に封印している逸品。
それにしてもそんなに皆がこの単語を入力しているのでしょうか…。

他にも幅広すぎる上に現代に毒されている予測変換いろいろ。
予測変換
もちろんこういったお遊び変換だけでなく勉強やお仕事に役立つ変換も充実。
予測変換2
難読人名もちゃんと出てきますので名簿入力にも良いかも。
小鳥遊(たかなし)
一二三(ひふみ)
四月一日(わたぬき)
浮気(ふけ)
薬袋(みない)
月見里(やまなし)
勘解由小路(かでのこうじ)など。
ご自身が珍しいお名前で苦労してきた方はこうして一発変換で出ると嬉しいでしょうね。

単語を登録する

良く使うのに変換ですぐに出てこない単語がある場合は自分で辞書登録しましょう。
例えば私は良く使うパソコンのメーカー名やシリーズ名を辞書登録しています。
『 あい 』 と打てば 『 IBM 』 や 『 iMac 』 に変換、
『 い 』 と打てば 『 EeeBook 』、『 Eee PC 』、『 eMachines 』 に変換など。
他には 『 かい 』 と打てばHTML改行タグ(<br>、<br clear=lef>、<p>) という感じで。

デスクトップ画面の右下にあるGoogle日本語入力のツールアイコン(スパナマーク)をクリック、
【 単語登録 】をクリックします。
登録メニュー
呼び出したい単語とその読み方(ひらがな)を入力して【 OK 】を押せば登録完了です。
登録後、変換候補の中に出てくるようになります。
単語登録

一度登録した単語を修正・削除したい場合は【 辞書ツール 】を開きます。
辞書ツール
削除したい単語を右クリックして削除を選択してください。
修正したい場合は単語をダブルクリックして編集します。
辞書編集

ちなみにこの単語登録や辞書編集は大体どのIMEでも存在します。
MicrosoftIMEの単語登録
Microsoft IMEを使っている方も是非有効活用してみてくださいヾ(=・ω・=)

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket