【りそな銀行】本人認証サービス、という名の迷惑メール

    icon-clock-o読了時間:約7分29秒

【三菱東京UFJ銀行】本人認証サービス、という名の迷惑メール
ゆうちょ銀行を装った迷惑メール
の記事にて以前、銀行の名を騙って送られてくる迷惑メールについてお知らせしておりましたが、
最近は違う銀行の名前で、内容もちょっとだけ変わってきたので
改めて注意喚起のためにもまとめておきたいと思います。

りそな銀行のホームページにも記載されていますが、
こういった迷惑メールは、メールの中のリンクをクリックした先にある
偽物の銀行サイト(本物に良く似せて作られているためパッと見は同じに見えます)において
ネットバンキングのIDとパスワードを入力させ、口座内のお金を詐取することを目的としています。
くれぐれも騙されてURLをクリックしないようにお気をつけくださいね。



今回来た迷惑メールはこんな感じです。
私のツッコミと共にご覧ください。
りそな銀行迷惑メール

以下で順番に詳しくご説明していきます。

ドメインが違う

送信者のメールアドレス mp@resona-gr.co.jp のドメイン(@から後の部分)が
正規のりそな銀行のドメイン resonabank.co.jp とは全く違いますね。

出だしが軽い

銀行からのメールで 『 こんにちは! 』 から始まる事はまず無いような気がします。
『 ○○銀行■■支店○○サービス担当の▲▲よりお知らせです 』 とか
『 いつもご利用ありがとうございます 』 とかならまだ分かるのですが。

あっさりしすぎ

個人情報漏洩とはなかなかの大事件のはずですが、謝りもせずサラッと流すとは一体。
しかも漏れた個人情報は名前なのか住所なのか口座情報なのか何なのかの説明もない。

アカウントの安全性を保つため

安全性を保つのは銀行側の仕事であって、お客さんが何かする必要はないはずです。
アカウントの再登録したところで、銀行側のセキュリティが脆弱ならまた漏れるじゃないですか。
最悪、もう一度登録が必要だとしても、銀行登録印などが必要なので書面での案内が郵送で来るはず。

サイトのURLも偽物

りそな銀行のネットバンキングのログインページは 『 http://www.resonabank.co.jp/direct/login.html 』 。
メールに記載されているURLとは全く違います。

謎のコピーライト表記

一番下にある『――Copyright(C)Resona ~なんとかかんとか』は
コピーライト表記と呼ばれているもので、日本語で言うと『著作権表記』。
りそな銀行にそっくりなホームページに誘導する詐欺メールのくせに著作権を主張するとは片腹痛い。

文字コードは中国語

文章の内容やアドレス以外にも怪しい点が。
メールを右クリックすると表示される(Windows アウトルックメールやLiveメールの場合)プロパティで
詳細情報を開くと、文字コードが中国で標準的に使われているGB2312(EUC_CN)になっています。
そのせいで文字の形や漢字にちょっと違和感がありますね。
迷惑メールの文字コード
こういった日本語の文章で書かれた迷惑メールのほとんどが中国から来ていることが良く分かります。


万が一、騙されて情報を入力してしまったら

上でも挙げた通り、迷惑メールらしい怪しさ満載のメールなので、
そのまま偽サイトにアクセスして口座情報やインターネットバンキングのログインパスワードを
入力してしまうことはまず無いと思いますが、ついうっかり情報を入力してしまった方がいらしたら、
速やかにりそな銀行に連絡して口座を一時停止してください。
りそな銀行の問い合わせ先
【 キャッシュカード・通帳・印鑑の紛失・盗難等による利用停止のご連絡窓口 】
平日の8:40~17:00は取引店舗に直接連絡が必要なので
りそな銀行 店舗検索から電話番号を確認してください。

上記以外の時間帯、つまり平日の夜間や土日祝日は
クイックロビー運営センター 0120-30-1343 に連絡してください。

問い合わせの際には銀行側にスムーズな対応をしてもらうためにも、
普段自分が使っている銀行口座の情報、届いたメールのアドレス、クリックしたURL、
自分が入力した内容などを予めプリントアウトするかメモするかしておいてから、落ち着いてご相談くださいね。

ひとまず口座を停止したら、その後はネトバンキングのIDやパスワードの変更、
口座番号の変更などの案内を銀行側がしてくださるはずなので、
また安全に銀行を使うため、指示に従って手続きを行ってください。


詐欺に遭わない心構え

こういったメールが届いたら、まずは件名や送信元アドレスをざっと確認して、
怪しいものは即刻削除するようにしてください。
クリックして開いた時点でウイルス感染するメールも本当にごく稀にですが存在するので注意が必要です。
更に添付ファイルが添えられていたら特に要注意!
そのファイルこそがウイルス感染の実行ファイルということもあります。

りそな銀行のネットバンキング・マイゲートの安全な利用方法について
りそな銀行 『 安全にお取引きいただくための対策 』 のページもご参考ください。

また、年金情報の流出とセキュリティ対策の件からも分かるように、
最近のサイバー攻撃は手口も幅広く、より巧妙になっています。
余りにも巧妙なメールで、しかも自分でメール配信を依頼したような…
内容に心当たりがあるような気もする…と、迷惑メールかそうでないか迷うような場合には
その銀行や自治体、企業へ電話で問い合わせてみましょう。
ここで間違ってもメールに記載されている電話番号に掛けてはいけません。
メール記載の電話番号が詐欺会社の電話番号という可能性もあります。
過去に届いたお知らせの郵便物や電話帳、ホームページなどから
正規の電話番号を確認して問い合わせてください。

もちろんウイルスセキュリティソフトをきちんとインストールしていれば、メールを受信した時点で
「このメールアドレスは迷惑メールとして報告が多数あがっている怪しい奴!!」
「添付ファイルにウイルスがくっついてる!!」
と、セキュリティが反応して発見・駆除してくれます。

しかし、自分からメールの中のURLをクリックして詐欺サイトにアクセスし、個人情報を入力してしまったら、
セキュリティソフトが物理的に人間を羽交い締めに出来るわけが無いので行動を止めようがありません。
そのため最近の迷惑メールは
『実際の企業名や商品名を騙って信用させる』
『メール記載のURLをクリックさせる』
『アクセスした先で嘘の指示をして従わせる』
といった手口が主流となっています。
ネットやメールはとても便利なものですが、そのぶん危険も潜んでいるのです。
口座番号やクレジットカード情報、お名前やご住所などの個人情報の管理はしっかりと、
不用意に漏らすことのないようにご注意ください。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket