【パクリ防止】写真や画像に文字を入れる方法

    icon-clock-o読了時間:約5分59秒

前回 ヤフオクで画像盗用を違反通報する にてお話したとおり、
ヤフオクなどで画像をパクられることがあるので、
簡単な防衛策として画像に文字を入れる方法についてご説明します。

もちろん、パクリ防止対策として以外にも、自分の好きな言葉をいれて壁紙を作ったり、
撮影した写真に日付やコメントを入れたりと、楽しいことにも使えます。
無料の方法のみご紹介していますので、気軽にお試しくださいヾ(=・ω・=)


 目次 

ペイントで文字を入れる

アルパカの使い方
 アルパカで文字を入れる
  テキストを追加
  太さと透過率を変更する
  ペンで手書きする
  エアブラシで手書きする
  指先ブラシで手書きする
  イラストを重ねる

ネット上の描画ソフトとフォントについて


ペイントで文字を入れる

まずはWindowsに最初から入っているペイントソフトを使って文字を入れる方法。
これが一番シンプルな方法で簡単かと思います。

ペイントを起動して、左上のメニューから 『 開く 』 を選択。
文字を入れたい写真や画像を選びます。
ペイント-ファイルを開く
画像を右クリックして 『 プログラムから開く 』 でペイントを選択してもOKです。
開いた画像のサイズが編集しづらい場合は右下の縮小・拡大で調整してください。
この拡大縮小は実際の画像の大きさは変わっておらず、見た目が一時的に変わっているだけです。

上部メニューのテキストを選択、文字を入力します。
ペイント-テキスト入力
フォント種類、文字サイズ、太字などお好みで調節してください。
@マークが付いているフォントは縦書きなので、
横書きにしたい場合は@マークの付いていないものに変更してください。
ペイント-テキスト入力
あとは左上のメニューから【 名前を付けて保存 】するだけです。


アルパカの使い方

FireAlpaca(ファイアアルパカ)という無料ソフトを使うと、
透けた文字やイラストを入れることも可能です。
興味がお有りの方は是非インストールして使ってみてください。
以下では文字入れなどの簡単な手順のみ記載していますので、細かい使い方などは公式サイトの
FireAlpacaの使い方、Tips、FAQトピックスをご覧ください。


アルパカで文字を入れる

左上の【 ファイル 】メニューから【 開く 】を選択、
文字を入れたい写真や画像を選びます。
アルパカ-ファイルを開く

全ての作業は【 編集 】メニューから取り消し・やり直しが可能です。
また、キーボードの【 Ctrl 】+【 Z 】で取り消し、【 Ctrl 】+【 Y 】でやり直しできます。
複数の手順をやり直したい場合は【 Ctrl 】を押したまま【 Z 】だけを押せば連続でやり直せます。

テキストを追加

ペイントで文字を入れるのと同じ要領で、テキストボックスを追加します。

上部メニューの【 ツール 】メニューから【 テキスト 】を選択、
テキスト編集ウインドウが開きますので、下部の空欄に文字を入力してください。
テキストボックス
ダブルクリックで再編集が可能です。

太さと透過率を変更する

ブラシ
左側のブラシコントロールから、ペンの太さと透過率を変えることができます。
パーセンテージを下げると透過率が上がり、どんどん背景が透けてみえるようになります。

ペンで手書きする

左側のブラシ種類で【 ペン 】を選んでマウスで書きます。
マウスで文字を書くのは結構難しい。
PCに接続できるペンタブをお持ちの方はもっと使いやすいでしょうね。私も買おうかなあ。
ペン

エアブラシで手書きする

ブラシ種別の中から【 エアブラシ 】を選択すると、スプレーを吹き付けたような
ぼかしの入ったペンで書くことができます。
エアブラシ
著作権を主張する場合は(C)、©、Copyrightといったマークを入れておきましょう。
オークション出品商品の画像なら、@マークをつけて自分のオークションアカウント名を入れても良いですね。

指先ブラシで手書きする

絵の具を指先で伸ばしたような質感で描くことができます。
あまり派手に名前を入れて写真やイラストのイメージが損なわれるのがイヤ、という方は
こういった方法で透かしっぽく入れるのも良いかなと思います。
指先

イラストを重ねる

文字でなくても、自分の描いたイラストなどを貼り付けることもできます。
別窓でアルパカを開き、描いたイラストをコピーした後、
貼り付け先の画像もアルパカで開いてメニューから貼り付けを行いました。
イラスト貼り付け


ネット上の描画ソフトとフォントについて

こういった描画ソフトを使う方法以外にも
ネット上での画像編集サイトを利用する方法もあります。
以前の記事でご紹介した、本格的な写真編集ができるAdobe Photoshop Express Editorだと
画像そのものを明るく修正したり、フレームをつけたりといった事も簡単。
文字だけ入れたい場合は、簡単に文字入れ編集できる もじまる などがおすすめ。

また、あらかじめお好みのフォントをパソコンにインストールしておけば
ペイントなどでそのフォントを使うことができます。
【文字フォント】フォントの種類と変更方法
【文字フォント】フォントに歴史あり
【文字フォント】おすすめ日本語フリーフォント
【文字フォント】おすすめ英字フリーフォント

むざむざとパクられて悔しい思いをする前に自己防衛を!(=ФωФ=)ノ

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket