他のソフトで作成したファイルをMicrosoft Officeで開く方法

    icon-clock-o読了時間:約7分8秒

Microsoft Office以外のソフトで作成した書類を
Microsoft Officeで開く方法についてご説明したいと思います。
以下ご説明している操作方法や画像はOffice 2013のExcelを例にしたものですが、
Office 2007、2010、2013 のそれぞれで操作に大きな違いはございませんのでご参考ください。


方法その1 ; プログラムを選択して開く方法

Excelで開きたいファイルを右クリックし、
【 プログラムから開く 】にマウスカーソルを合わせます。
Excelが表示されていれば、そのままExcelを選択すればOKです。
プログラムを選択して開く
『 この種類のプログラムを開くときは、選択したプログラムをいつも使う 』 という
項目にチェックが入っているかを確認してください。
チェックを入れてからプログラムを選べば、次から同種の表計算ファイルを開くときには
自動でExcelが選ばれるようになります。


方法その2 ; ファイルを投下する方法

Excelを開き、そこに直接ファイルを放り込む方法です。
例えばOpen Officeで作成したファイルをExcelで開いてみます。

まず、Excelの新規作成ウィンドウと、開きたいファイルの入ったフォルダを並べて開きます。
普段ウィンドウを全画面で使っている場合は、
右上の□マークを押すか、四隅で操作して縮小を行い、2つを並べて表示してください。

Excelで開きたいファイルを、ドラッグ&ドロップでExcel画面の上に持って行って離します。
※ドラッグ&ドロップ
 ・・・マウスでクリックしたまま指を離さずにファイルやアイコンを動かすこと。
ドラッグ&ドロップ
ファイルがExcelを使って開かれます。
左が元にしたExcelファイル、右がOpen OfficeファイルをExcelで開いた状態です。
試しにExcelで作ったカレンダーを使ってみたのですが、
元ファイルと比べると日付の数値が###に変わってしまっています。
こうなってしまうと、他の方法でファイルを開き直すか
数値を再度入力して修正する必要があります。
Excelファイル比較
こうしてExcelで開いたファイルは、Excelで【 名前を付けて保存 】する際に
ファイルの形式をExcel(.xlsx、あるいは.xls)にすることによって
Excelと関連付けられ、次回からは普通にExcelで開けるようになります。

ファイルの種類をクリックして【 Excelブック(.xlsx、あるいは.xls) 】に
変更してから【 保存 】をクリック。
名前を付けて保存
ほんとにファイルの形式を変更していいの?という注意メッセージが出てきますが
そのまま【 はい 】をクリックしてください。
ファイル形式の変更


方法その3 ; Excel形式で保存し直す

Excel以外のソフトでファイルを開き、そのソフトで保存する際にExcel形式を選択する方法です。

例えばOpen Officeで作った表計算ファイル(.ods)をMicrosoft Excelで開きたい場合、
名前を付けて保存する際の【 ファイルの種類 】でMicrosoft Excelを選択します。
Open Office
Open Officeではひとつ前のExcelファイル形式である
.xls(Microsoft Office 97/2000/XP)までしか選択できないかと思いますので、
一旦それで保存しておいて、今度はそのファイルをExcelを使って開き、
.xlsx(Microsoft Office 2007、2010、2013用のファイル)で保存し直す必要があります。

Open Officeのインストール

Open Officeのページを開き、【 ダウンロード 】⇒【 Windows用 】をクリックします。
ダウンロードが完了すると、Internet Explorerを使っている場合は
【 実行 】をクリックすれば自動でインストールが始まるかと思います。
自動インストールが始まらないブラウザの場合は、保存したダウンロードファイルを
ダブルクリックしてインストールしてください。

インストール手順
コンピュータへの変更を【 許可 】
インストール開始【 次へ 】
インストール先に問題が無ければそのまま【 展開 】
●このコンピュータを使用する全てのユーザー【 次へ 】
●通常【 次へ 】
【 インストール 】
【 完了 】

アンインストール手順
Open Officeが不要になった場合はアンインストールを行ってください。
画面右下のWindowsスタートメニューをクリックし
メニューの中から【 コントロールパネル 】を選択します。
Windowsスタートメニュー
【 プログラムのアンインストール 】をクリックしてください。
プログラムのアンインストール
プログラム一覧の中からOpen Officeを探し、
右クリックして【 アンインストール 】をクリックするとアンインストールが始まります。
途中で変更の許可を求められたら【 はい 】をクリックしてください。
Open Officeのアンインストール


ショートカットを作成する

デスクトップ画面によく使うソフトのショートカットを作成しておくと便利です。
ショートカットとは、直接そのソフトがそこに居る訳ではなく、
ソフトを起動させるための呼び鈴のようなアイコンを設置したものです。
ソフトを直接置くよりもデータが少なくて済むため、パソコン起動時の負担が軽くなりますから
出来る限りデスクトップにはショートカットだけを置くようにしておくと良いでしょう。

画面右下のWindowsスタートメニューをクリックし、
【 すべてのプログラム 】をクリックして表示される一覧の中から Microsoft Office を開きます。
Windowsスタートメニュー
①ショートカットを作りたいソフトを右クリックします。
 ここではExcelを右クリックしています。
②【 送る 】を選択
③【 デスクトップ(ショートカット作成) 】を選択すると
デスクトップ画面にショートカットアイコンが作成されます。
ショートカット作成
ショートカットのアイコン画像には、ショートカットであることを示す矢印マークが付いています。
デスクトップアイコン

 icon-lightbulb-o デスクトップを整頓する方法について詳しくは
  デスクトップ画面を整頓して起動スピードアップ の記事をご覧ください。
 また、 『 .ods 』 『 .xls 』 『 .xlsx 』 といったファイルの拡張子について詳しくは
 ファイル拡張子の表示と変更方法をご覧ください。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket