Windows10から旧OS(Windows7や8)に戻す方法

    icon-clock-o読了時間:約7分55秒

ウイルスのようにグイグイ侵入してこようとするWindows10

昨日(2016年5月18日23時)ついに、通常のWindows Updateのフリをして
問答無用で更新してWindows10にしようとしたようです。

私はかなり早い段階でWindows10 についてのお知らせや更新を無効化したので
どんな感じでUpdate画面に表示されていたのか知らないのですが、
Twitterで皆さんの呟きというか叫びを見る限り
・スリープにして席を外している隙にWindows10になってた
・うっかり寝落ちして起きたらWindows10が入ってた
・普通のUpdateだと思って許可したらWindows10だった
というように、皆さん予期せぬ10の侵入にビックリなさったようです。
本当にMicrosoftも何を考えてこんなことをしているのか。

Windows10のままで過ごすかどうか

無料の内にWindows10にしようと考えていたし、別にパソコンもおかしくなってないから
このままで良いよ、という方は大丈夫ですが、そうでない場合。
使ってるソフトやパーツがWindows10に未対応だし10ではやっていけない!!という方は
出来るだけ早く何とかする必要があります。


以前のWindowsに戻す・データを復元する

復元方法としては
・過去に作成していたバックアップデータや、イメージディスクを使って復元する
・セーフモードで起動してセーフモードからのシステム復元(自動バックアップデータを使用)を行う
 ※自動バックアップが正常に作動していなかった場合や、バックアップが破損している場合には使えません。
・Windows10からWindows7や8にロールバックする(10にしてからおよそ30日以内であれば可能)
といった方法があるかと思います。

バックアップデータを使う

バックアップを使った復元や、セーフモードからのシステム復元の手順は
お使いのパソコンのメーカーや機種によって異なりますので
お使いのパソコンメーカーのサポートにお尋ねいただくか、使用説明書のバックアップの項目をご覧ください。

ロールバック機能を使う

Windows10になってしまってから大体30日以内であれば
Windows操作によって旧OS(Windows7やWindows8)に戻す(ロールバックする)ことができます。
ロールバックの手順についてはさらに以下をご覧ください。


ロールバック機能の操作手順

こちらはWindows7の操作手順ですが、8でも同じ手順だと思います。

①Windowsスタートボタンをクリックして【設定】をクリック
②【更新とセキュリティ】をクリック
③【回復】⇒『Windows7に戻す』の項目の【開始する】をクリック
Windows10からWindows7に戻す
準備画面になるので、しばらくお待ち下さい。
  icon-arrow-down 
画面が変わると以前のWindowsのバージョンに戻す理由を聞かれますので、適当に選択して【次へ】
  icon-arrow-down 
注意事項に問題がなければ【次へ】
  icon-arrow-down 
パスワード忘れの注意が出ます。よろしければ【次へ】
  icon-arrow-down 
【 Windows7に戻す 】をクリック
  icon-arrow-down 
自動でパソコンが再起動します。
起動後に復元が進みますのでしばらく(30分~1時間程度)そのまま電源を切ったりせずにお待ち下さい。
  icon-arrow-down 
問題なく過去のバージョンに戻った場合は
Windows7、8のログイン画面・デスクトップ画面が表示されます。

Microsoftサポートへの問い合わせ

上記の方法でも上手くできない場合はMicrosoftサポートにお問合せください。
Microsoftサポート問い合わせ先
  電話番号: 0120-54-2244
  営業時間: 平日 9:00-18:00
       土日10:00-18:00 (祝日、指定休業日を除く)

サポートの人から、ノートパソコンの底面・一体型やデスクトップなら外装のどこかにある
Windowsシールに書かれているWindowsプロダクトキーを尋ねられることがございます。
PRODUCT KEY: XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX というように、5ケタが5つあります。
お手元にキーをメモで控えてからお電話なさってください。

ちなみに今は同じようにWindows10のせいでお困りの皆さんで大変混み合っています。
気長にお電話してみてください。


修理ご依頼をいただく場合

Windows10のシステムデータはとても大きいのでアップデートの際の負荷も大きく
経年劣化などで弱っていたパソコンにダメ押しの負荷がかかって故障してしまうこともあります。

・Windows10のアップデートが失敗した
・システム回復オプションや、スタートアップ修復の画面しか出てこない
・Windows10になってからマウスやキーボードが動かず、操作ができない
・電源が入らなくなった
・Windowsが一切起動しなくなった

そんな状態になってしまった場合は、部品の故障やデータ破損の可能性があり、
弊社のような修理業者にご依頼いただいた方が良いかもしれません。

上記のような症状の場合、考えられる故障箇所はHDD、マザーボードなどです。
弊社だと一般的なノートパソコンの修理料金で10,000~25,000円くらいです。
状態と機種型番をお知らせいただけると、概算のお見積りができますので
お電話 087-813-0481 、もしくはメールフォームからお問合せください。


Windows10の不親切さ

そもそもWindows10にはリカバリーディスクが販売されていませんし、
無料ダウンロードするものなので初期リカバリーデータが存在しない
(HDD内にリカバリーデータが作成されていない)ため、
HDDの破損などが発生し、データ移行も不可能な状態になった際に
もし自分でバックアップデータやリカバリーディスクを作成していなければどうにもならなくなります。

最悪 Windows7のリカバリーディスクを購入してリカバリーするしかないかもしれません。
そうなるとご自分で保存していたデータなどは全て初期化されて消えてしまいます。

Windows10はプログラムデータの形式が今までのWindowsとは全く異なっており、
修復が難しく、故障した際のことを一切考慮していないんじゃないかと感じるプログラムです。
HDD故障し、データが壊れてしまった際に行うデータ復旧についても
Windows10では過去のWindowsに比べてかなり困難になっている気がします。

そのため、大事なお仕事用のパソコンはWindows10にはされないほうが良いと思います。
基本的なWindows10へのアップデートの停止方法はこちらの記事をご覧ください。
Microsoftのお知らせ【Windows10を入手する】を削除する

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket