ポケモンGOとAR技術と安全第一のお話

    icon-clock-o読了時間:約3分39秒

ポケモンGOとAR技術

本日7/22のAM10時、ついに配信スタートしたポケモンGO。
SFとファンタジーが好きな私はこうして広がりゆくAR技術にときめきを禁じ得ません。

最近だと一番テンション上がったARは『永遠の0』のBlu-ray特典でついていたARカードで、
カメラの中にゼロ戦を飛ばせるというものでした。
うちの猫の背中を滑空するゼロ戦・・・胸が熱くなりますね。
猫とAR

AR技術については以前の記事 世界を少し広くする、AR技術とSmartAR技術 でも
詳しくご説明していますので、宜しければ合わせてご覧ください。

ここでは簡単にご説明しますと、
ARとはAugmented Reality(オーグメンテッドリアリティ)の略で、日本語で言えば『拡張現実』。
予め用意されたマーカーと、マーカーを理解できる機器があれば
様々な情報を現実に付加することができる技術のことです。

今回のポケモンGOでいえば、
マーカー;地図情報やカメラ画像
AR対応機器;Android4.4以上のOSが入ったスマホ
現実に付加する情報;モンスターの出現と捕獲
ということになります。

GPSで得た位置情報と、Google マップの地図情報というロケーションベース型のAR技術と、
スマホカメラで写した現実世界というビジョンベース型のAR技術、
その両方が使われている、ある意味ARを駆使しているのがポケモンGOなんですね。

何はともあれ安全第一

まじで皆さん足元と前方にはご注意くださいね。
側溝とかマンホールとかに落ちたら大変ですし。
車やバイクや自転車やシルバーカーに突撃してはいけません。

大人の皆さんも、運転中にポケモンを探したりはしないように。
ていうか時速10km以内という制限があるので、
運転中にはまずゲットできないと思います。

また、こちらの方が教えてくださっている設定方法も有効そうなので、
機種にもよるかもしれませんが是非お試しを。

内閣サイバーセキュリティセンターが出している
注意喚起の書面もかなり良いものなので一度はお目を通して下さい。
位置情報ゲーム「ポケモンGO」に関する注意喚起について(PDFファイル)
分かりやすい上にちょっとしたユーモアもある素敵な書面です。
こちらは、改変などをしない、悪用しない、などの常識的な範囲であれば印刷も許可されていますので
ご家庭や学校などで是非配布してあげてください。

もしも事故が多発して、ゲーム配信会社が責任を問われるようなことになれば、
せっかくのポケモンGOが配信停止されてしまうかもしれません。
皆で楽しく遊ぶためにも、一人ひとりが常識を持って、注意を払って楽しみましょうね。

偽物にご注意

『Pokemon go go go』という無闇に疾走感のある名前のアプリは偽物ですのでご注意を。
偽物
ゴーゴーゴーって郷ひろみか!というツッコミを心で唱えた私は昭和生まれです。

本物はこっち。
AppStoreのPokémon GOダウンロードページ
Google PlayのPokémon GOダウンロードページ
本物のポケモンGO

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket