【アドオン】特定のサイトを検索結果に出さないようにする拡張機能

    icon-clock-o読了時間:約8分28秒

前回記事 NAVERまとめの著作権侵害記事を通報する方法 でもお話したとおり、
パクられた画像の削除申し立てをしたりしていてふと考えたのですが、知りたいことを検索して
出てきたNAVERまとめの記事が役に立ったことって一度も無いような・・・。
しかし作成される記事が多岐のジャンルで大量にあり、アクセス数もそれなりなので
(アクセス数によって記事作成者にお金が入るので、自分でTwitter拡散したりする人もいますしね)
どうしても上位に表示されてしまいます。
ならそもそもNAVERまとめをGoogle検索結果に表示されないようにしよう、と思いました。

そこで使ったのが拡張機能(アドオン)。
拡張機能とは、ブラウザにオプションとしてインストールできるツールのことです。
Google ChromeとFirefox、それぞれで、
やたら上位に出てくるうざいサイトを検索結果で非表示にする
拡張機能をご紹介します。

ChromeやFirefox以外のブラウザ、Internet ExplorerやEdgeなどを使っていらっしゃる方は
この機会に、今のブラウザと合わせて他のブラウザの導入をご検討ください。
 icon-angle-double-right インターネット閲覧をもっと便利に快適に 【1】ブラウザの違い編

 目次 

Google Chromeの拡張機能;Personal Blocklist (by Google)
  ∟Personal Blocklist のインストール方法
  ∟Personal Blocklist の設定方法
  ∟インストールした後の簡単ブロック方法

Firefoxの拡張機能;Hide Unwanted Results of Google Search
  ∟Hide Unwanted Results のインストール方法
  ∟Hide Unwanted Results の設定方法
   ブロックリストの簡単追加方法
   設定から手入力でブロックリストを追加する


Google Chromeの拡張機能;
Personal Blocklist (by Google)

Google Chromeの場合、Googleさんが公式の拡張機能として
『パーソナル ブロックリスト』というものを用意してくれています。
この拡張機能の良いところは、Googleさんの公式機能なので、他の個人作成の拡張機能と違って
ウイルス入りでも無いし、更新が停止することもまあ無いだろうし、ということで安心して使えるところ。

また、この拡張機能を使ってブロック(検索結果から除外)したサイトURLの情報はGoogleさんに収集・蓄積され、
ブロックされた人数が多いURLはGoogleさんからの評価が下がり、最終的には
拡張機能を使わなくても検索結果から除外されるようになる、という点もいいですね。
NAVERまとめ等の役に立たないパクリサイトが世界から駆逐される日を夢見てブロックしましょう。

Personal Blocklist (by Google)のインストール方法

Google ChromeでPersonal Blocklist (by Google)のページにアクセス。
上手く開けない場合は、Chrome ウェブストア;拡張機能の検索欄で『Personal Blocklist』と検索してください。

拡張機能のページが開いたら、画面右上の【 + Chromeに追加 】をクリック。
Chrome-パーソナルブロックリスト1
確認画面が出たら【 拡張機能を追加 】をクリックして完了です。
Chrome-パーソナルブロックリスト2
Chromeの拡張機能に追加済みになります。
Chrome-パーソナルブロックリスト3

Personal Blocklist (by Google)の設定方法

Personal Blocklist (by Google)の設定方法
ブラウザ画面上部に追加された、【 Personal Blocklistのアイコン 】をクリックすると
ブロック中のドメインリストが表示されます。
最初はまだ何もリストに入れてないので空っぽですね。
うっかり現在表示中のドメインを間違って追加しないように注意。

右下の【 インポート 】をクリックして、ブロックしたいドメインを記述します。
例えば私なら、ひとまずこんなところでしょうか。
NAVERまとめを含む、全てのNAVER関連サイト;naver.jp
NAVERの運営企業・LINE株式会社;linecorp.com
SEO対策詐欺で弊社が騙されたGMO株式会社;gmo.jp、gmo-sol.jp
危険がいっぱいなブラウザとIMEの提供企業・百度;baidu.jp、simeji.me
 百度(バイドゥ)について詳しくはこちら⇒BaiduやBabylonの危険性について

ドメインを入力したら【 インポート 】で登録完了です。

一つでもドメインを登録すると、アイコンクリックで
リストの解除や編集を行うことができます。
また、エクスポートをクリックすると、リストが出てくるので、
メモ帳などにコピーしてバックアップ保存を取っておくことができます。
Chrome-パーソナルブロックリスト解除と編集

インストールした後の簡単ブロック方法

検索結果のページで、サイト説明文の下に【 (ドメイン)をブロック 】という項目が出てくるようになるので
そこをクリックするだけで、そのサイトをブロックリストに入れることができます。
間違えて登録しないように気をつけてくださいね。
間違えて登録してしまったら、アイコンをクリックして【 解除 】を押しましょう。
Personal Blocklistの簡単ブロック


Firefoxの拡張機能;
Hide Unwanted Results of Google Search

Firefoxの拡張機能(アドオン)、Hide Unwanted Results of Google Searchを使うと
FirefoxでGoogle検索とBing検索を行った際に
ブロックリストに入れてあるドメインのサイトが
検索結果に表示されなくなります。これも便利。

上でご紹介したChromeのほうはGoogleさんが公式で出してくれていますが、
こちらは個人さんがご厚意で無償提供してくださっているアドオンです。
宜しければお礼の気持ちの少額寄付(PayPal支払い)をご検討くださいね。

Hide Unwanted Results のインストール方法

Hide Unwanted Resultsのページにアクセス。
【 + Firefoxへ追加 】をクリックします。
Hide-Unwanted-Resultsインストール1
許可を求めるメッセージが出てきますので【 インストール 】をクリック、すぐにインストールが完了します。
Hide-Unwanted-Resultsインストール2

Hide Unwanted Results の設定方法

ブロックリストの簡単追加方法

ブロックしたいサイトを検索して表示させ、
右クリックしてメニュー内から”Add this site to HIde Results”を
押すだけでブロックリストに追加できます
Hide-Unwanted-Resultsブロックリスト追加

設定から手入力でブロックリストを追加する

アドオンの設定画面からドメイン追加もできますが、コピー&ペーストができないので、
検索結果のページで右クリックしてブロックする上記の方法のほうが簡単かと思います。

アドオンを開いて、 “Hide Unwanted Results of Google Search”の【 設定 】を押し、
【 Settings 】ボタンをクリックします。
Hide-Unwanted-Results設定を開く
ブロックしたいサイトのドメインを入力して【 Add 】⇒【 OK 】で追加されます。
Hide-Unwanted-Results設定・ドメイン入力

非表示にしたサイトを表示させるには

検索ページの右上に『Hide Unwanted Results ●site』と非表示になった件数が出ているので、
チェックをクリックして外せば表示させることができます。
Hide-Unwanted-Resultsブロック例しめじを非表示に

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket