【プラグイン】 Jetpack by WordPress.comの使い方

    icon-clock-o読了時間:約27分40秒

アクセス解析プラグインJetpack by WordPress.com

 目次 

より良いプラグインを求めて
Jetpackをインストール
JetpackとWordPressの連携

Jetpackの設定を行う

General(一般設定)
  ∟連携設定、通知、JSON APIの設定

Engagement(絆のちから設定)
  ∟サイト統計情報、共有、パブリサイズ、関連記事、
   コメント、いいね、購読、Gravatar ホバーカード、
   拡張配信、サイト認証についての設定
   
Security(セキュリティ設定)
  ∟セキュリティスキャン、プロテクト、モニター、Akismet、
   サイトのバックアップ、シングルサインオンの設定

Appearance(表示設定)
  ∟タイルギャラリー、Photon、カルーセル、
   追加サイドバーウィジェット、ウィジェット表示管理
   カスタム CSS、無限スクロール、モバイルテーマ、ホリデーの雪の設定

Writing(記事編集設定)
  ∟WP.me 短縮リンク、ショートコード埋め込み、VideoPress、
   コンタクトフォーム、スペルと文法、Markdown、メール投稿
   Beautiful Math、カスタム投稿タイプ


より良いプラグインを求めて

アクセス数の多い記事はどれなのか、訪問者のひとがどの検索エンジンから来たのかとか
サイト運営をしていたら気になる諸々を解析してくれるアクセス解析のプラグイン。
先日WP SlimStatが真っ白エラーを起こして以来、
このブログのアクセス解析にはWassUp Real Time Analyticsを使っています。

でも他にも良い感じのアクセス解析プラグインは無いものかと探していると
説明が日本語対応で分かりやすく、解析以外の機能も色々ついている
Jetpack by WordPress.com を見つけたので使ってみることにしました。

同じような機能のプラグイン同士が競合することがあるので、
こちらをメインで使うようになったら他のアクセス解析プラグインは
停止したほうが動作が軽くなるかも。
また、このJetpackもお使いのサーバー環境によっては
真っ白エラーを引き起こしたことがあるようなので、
真っ白エラーの自己解決が難しい方は使わないほうが安心かもしれません。


Jetpackをインストール

Jetpack by WordPress.comプラグインのページからダウンロードも可能ですが
プラグインページから検索したほうが簡単にインストールできます。

プラグインのページから【 新規追加 】をクリックし、検索ボックスから【 Jetpack 】を検索。
【 今すぐインストール 】→【 有効化 】
Jetpackを検索
  icon-arrow-down 
有効化すると、ページ上部に【 WordPressと連携 】ボタンが表示されるので、そのままクリックしてください。
JetpackをWordPressと連携


JetpackとWordPressの連携

Jetpackを有効化したあと【 WordPressと連携 】ボタンをクリックすると、
WordPressのユーザーネームとパスワード入力画面になります。
それぞれ入力してから『 login now 』をクリックすると画面が移ります。
接続確認のウインドウで【 approve(承認する) 】をクリックしてください。
JetpackとWordPressの連携承認画面
WordPressとの連携接続が完了したら、無料版と有料版の機能説明の画面が出ます。
有料版が不要であれば、そのままそのウインドウは閉じてWordPressに戻ってください。
Jetpack無料版と有料版の宣伝
無事に連携できると、WordPressの管理者のメールアドレス宛に Jetpackの運営さんから
『 Getting Started(さあ始めましょう) 』 というメールが来ます。
Jetpackからのお知らせメール
このメールには
・Configure Jetpack(Jetpackの設定画面へのリンク)
・プラグイン作成者・エンジニアのジェームスさんの紹介(めっちゃ笑顔)
・サポートサイトへのリンク
・無料版から有料版(プレミアム)への切り替えリンク
・求人のお知らせ
などなど、情報が盛りだくさんなので一応消さずに保存しておきましょう。


Jetpackの設定を行う

インストール後、何もしなくてもアクセス解析などの基本機能はONになっているので
解析結果を見ることはできますが、せっかくなので時間がある時にその他の機能も確認しておきましょう。

サイドメニューの 『 Jetpack 』 の項目か、プラグインページの 『 Jetpack 』 から【 設定 】を開いてください。
連携後に送られてきたメールの【 Configure Jetpack 】ボタンからでも設定が開きます。
Jetpack設定を開く


General(一般設定)

Jetpackの一般設定

連携設定

WordPressとの連携が完了すると、ここにアイコン、アカウント名、メールアドレスが表示されます。

通知

コメントやピンバック(リンク貼らせてもらいましたーの通知)が来た時に
画面右上の通知マークのところにお知らせが出て来るようになります。
また、今までのコメント等をずらっと確認することも可能。

JSON API

この項目の説明は長い上に面倒なので、こまけえこたぁいんだよ!という方は
とりあえずOFFにしておいてください

APIとは、アプリケーションプログラムインターフェイスの略で、
ソフトウェア開発の際に便利に使えるプログラム部品のようなもの。
一般公開されて皆が使えるAPIや、企業が独自開発した秘密のAPIなど色々あります。

例えば、適度な大きさの本棚を入手して、好きな色を塗るとしましょう。
もしもイチから自分の手で行うとなると、
山に木を伐りに行き、枝を落として板状にし、カンナをかけてツルツルにし、
設計図をひいていい感じの大きさに板をノコギリで切り、やすりでザリザリを落とし、
釘とトンカチで組み立て、そこでようやくペンキで塗ることになります。
しかし出来合いの本棚をホームセンターで買ってくれば、すぐ色塗りができますよね。

この 『 出来合いのもの 』 がAPIに当たります。
よく使われるプログラムや、便利なプログラムをパッケージにし、
その部分をイチからプログラミング記述しなくても良いようにしているんですね。

そんなAPIの中でも、Webに関する挙動のプログラムがWeb API
Webの情報をダウンロードしたり、Webサービスと同期や連携をするために使われます。
Web APIで有名なものといえば、twitterやFacebookなどがあります。
twitterのAPIは隠すことなく公開されているので、
twitterをより気軽に使えるアプリなどが良く開発・提供されていますよね。
あなたがスマホで遊んでいるゲームで運営サーバーとの通信をしているのもきっとWeb API。

WordPressでみなさんが良く使っているものだと、
WordTwitという 『 記事を投稿したら自動でtwitterで呟くプラグイン 』 がWeb APIを使っています。
XML-RPC WordPress API というWeb APIもあります。
これを使用する状態にしていると、リモートでWordPress記事を投稿できたり、
自分が誰かの記事にコメントしたときにピンバック機能をつけたりといったことが可能に。

さてようやく本題ですが、JSON APIの項目の意味は、
WordPress JSON REST APIというWeb APIを使うかどうか、ということです。
つまり、WordPressのデータベースを外部から利用可能にするか、
WordPressの記事投稿や編集をリモートで行えるようにするか、ということですね。

これをONにしておくと、例えば自分が別に作っているホームページの中で
WordPressの編集や投稿ができたりする、はず。たぶん。
(WordPressにログインしなくても、自分のサイトで記事を書けるのでよりお手軽ってこと?)

とはいえ、これはプログラミング好きな方でないと全く使い方は分からないと思いますし、
使い方を間違えた時に悪い人に利用される可能性もゼロではないので、
ちょっと意味わかんない、という方はJSON APIの項目をOFF(無効)にしておくほうが安心かと思います。
私も良く分からない上に使うこともなさそうなのでOFFにしています。


Engagement(絆のちから設定)

エンゲージメントをなんて訳せばいいのか分からなかったので、
戦国BASARAの家康の 『 絆の力で天下を統べる 』 が脳裏をよぎったのでそれにしてみました。

コメント、シェア、いいね!など、サイト訪問者からもらえるアクションに関する設定。
サイトの宣伝や評価につながる設定なので、よく吟味しつつ、できるだけONにしておくといいと思います。
既に別に設置している項目があるならOFFでも大丈夫です。

サイト統計情報

ⅴでラベルを開くと、より詳細な設定ができます。
『 Hide the stats smiley face image. The image helps collect stats but should still work when hidden. 』
(スマイリーの顔画像を非表示にします。画像は解析への接続を手助けしますが、隠してあっても動作しています)
なんのこっちゃ、と思ったのですが、もしかしたら
『 サイトに表示されているスマイリーの顔をクリックしたら
  アクセス解析の結果を表示する 』 ってことかもしれない。
どっちにしても管理画面からしか結果を見ないのでスマイリーくんは隠しておこう。
Jetpackのサイト統計情報設定

共有

ⅴで共有のラベルを開いて【 共有設定を構成する 】をクリックして共有設定を開くと、
記事投稿と同時にSNSでも投稿するかどうか、SNSボタンを置くか、といった設定を決めることができます。
SNSボタンや印刷ボタンなどを簡単に設置できるので、
WordPressを使い始めたばかりの方にオススメの機能。

逆に、既にWordPressサイトにSNSボタンを設定している人や、
twitterやFacebookには自分で投稿したい方は、特にいじらずそのままで構わないと思います。
私は試しにフロントページにだけ印刷ボタンを置いてみようと思ったのですが、
テーマのCSSとの兼ね合いなのか、ズレて見えなくなってしまったので結局使いませんでした。
いつか原因を解明して印刷ボタンを置きたい。
Jetpackの共有設定

パブリサイズ

ⅴで共有のラベルを開いて【 パブリサイズ設定を構成する 】をクリックして開くと、
上記の共有設定と全く同じ詳細設定が開きます。
項目として別れているのは
上の 『 共有 』 をONにしてSNSボタンは設置するけど、
この 『 パブリサイズ 』 はOFFにして、新規記事を自動でSNSで宣伝はしない、
というようなひとのためかな?

関連記事

これをONにすると、記事本文の下部に関連した内容の記事が3件表示されるようになります。
タイトルのみ、あるいは画像も表示が選べますが、
アイキャッチを選んでくれるわけではないのでレイアウト的に微妙かも。
Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)などの関連記事専用のプラグインを検討してみてください。
JetpackとYARPPの関連記事表示

コメント

訪問者がWordPress、twitter、Facebook、Google+の
いずれかのアカウントでログインしてコメントできる機能。
匿名コメントではなく、訪問者のアカウントへのリンク付きになる、ということだと思います。
そういえばYahoo!ニュースとかがFacebookのログインでコメントできるようになってますよね。
訪問者さんと交流したい方にはおすすめの機能。

いいね

WordPressの 『 いいね 』 ボタンを設置します。
これも上記の共有設定とかぶっているので、ONにしてから
『 Manage Likes visibility from the Sharing Module Settings 』 のリンクをクリックしてください。

これ単品ではどうやら設置できないようで、
何かしらの共有ボタンを設定しないといけないようです。
印刷ボタンを置いてから、いいねボタンを置いてみました。
今度はズレすに表示された…なぜだ。
Jetpackでいいねボタンを設置
位置が本文のすぐ下じゃなくて、タグとかの下に置けたらいいのに…
ファイルの中で順番入れ替えたらいいのかな。

購読

記事やコメントの投稿があった時に、登録したひとにメールを送るかどうか。
フィードくらいで十分かなと思うので私はOFFにしています。

  icon-lightbulb-o ご参考に⇒【RSSフィード】 お気に入りサイトの更新通知を受け取る

Gravatar ホバーカード

Gravatarというサービスに登録しているひとが記事にコメントした場合、
そこにマウスカーソルを合わせるだけで、名刺のようにそのひとの情報が出て来る機能。
まだ日本でGravatarを使っているひとが少ないかと思うのでONにしても活用される機会は少ないかも。
また、うちのサイトのようにコメント非表示にしているサイトだとOFFにしておいていいと思います。

拡張配信

WordPressに記事を投稿すると同時に検索エンジンに通知して
出来るだけ早くインデックスしてもらうための機能。
GoogleさんやYahoo!さんやBingさんに認識してもらわないことには検索結果にページが出てこないので
できるだけ早く認識してもらえるように、こちらから
「 新しい記事できましたんで、できるだけ早く見回りにきてくださいよ 」 と
検索エンジン側にお願いするためのものです。

私は同じ機能のプラグイン PuSHPress を入れているので、ここではOFFにしています。
Jetpackにまとめて任せるのであれば、こちらをONにして、
PuSHPressやPubSubHubbubを削除してもいいかも。

サイト認証

自分がWordPressで作っているサイトを
Google Search Console(旧ウェブマスターツール)、Pinterest、Bingに簡単登録する項目。
ONにした後でメタキーを入力するようなのですが、
まずメタキーの内容を知るためにはGoogle Search Consoleなどにログインしないといけないので、
あらかじめ登録しておかないと意味がないような。
良く分からないけどOFFで良さそう。


Security(セキュリティ設定)

WordPressの管理画面などに対する不正アクセスに対する防御に関する設定。

セキュリティスキャン

不正アクセスをしようとする怪しいやつから守ってくれる機能。
【 アップグレード 】から有料版への移行も可能。

プロテクト

アカウントとパスワードを機械的に大量入力して不正ログインしようとする
総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)を防ぐ機能。
何度もログインに失敗したIPアドレスが居たら、アクセスできないようにしてくれます。

ONにしたら、うっかり自分がパスワードを連続でミスって弾き出されないよう
ホワイトリストに自分のIPアドレスを入力しておきましょう。
自分のIPアドレスは 株式会社シーマンさんのIPアドレス確認ページ にアクセスすると分かります。
Jetpackのセキュリティ設定・プロテクト

モニター

サイトが何らかの原因でダウンした時(動作しなくなった時)に
登録しておいたメールアドレス宛に通知のメールが来るようにできます。
サイトエラーに素早く気付けるように、ONにしておくのがおすすめです。

Akismet

コメントに変なURLを付けてくる迷惑なスパムを識別してくれる頼もしい機能。
WordPress自体に最初からAkismetはセットになっているので、ここで特に何もしなくて構わないと思います。
【 プロ 】のボタンから有料版への移行ができるよ、ということでしょうか。

サイトのバックアップ

こちらも有料版へのお誘いかな?

シングルサインオン

WordPress.com アカウントで他のサイトやサービスへのログインできるようにする機能。
ひとつのアカウントIDとパスワードをどのサイトでも使える、というのは便利ですが、
ひとつのアカウントがバレたら全部が悪用されてしまう可能性があるので
きちんとコンピュータのウイルス対策をしている方以外は使わないほうが安全かなと思います。


Appearance(表示設定)

画像ギャラリーや、サイト表示の見栄えなどに関する設定。

タイルギャラリー

ONにしておくと、いい感じの画像ギャラリーを作って記事内に挿入することができます。
ONにした後で【 すべてのギャラリー画像をモザイク形式で表示する 】にチェックを入れ、
タイルモザイク表示にすると、画像サイズが違う画像もいい感じにレイアウトしてくれます。

【 タイルギャラリーの使い方 】
まずはいつも画像を使う際と同じく、メディアに画像をアップロードします。
※ギャラリー作成時にもアップロードはできます。
  icon-arrow-down 
【 ギャラリーを作成 】
  icon-arrow-down 
使いたい画像をライブラリからいくつでも選択
  icon-arrow-down 
ウインドウ右下の【 ギャラリーを作成 】ボタンをクリック
  icon-arrow-down 
ギャラリーの設定部分で添付するリンクや画像サイズなどを選択して
【 ギャラリーを挿入 】ボタンをクリックしたら完成。


記事編集画面のカーソルがあった場所に
『 gallery typeイコールほにゃらら 』 というコードが挿入されていれば成功です。
もし自分が思った位置にこのコードが無ければ
マウスカーソルの位置が違っていなかったか探してみてください。

Photon

画像の最適化とキャッシュ利用で、画像表示速度をあげる機能。
とりあえずこれもONにしておくと良いと思います。
もし他にキャッシュ関係のプラグインを入れているのであれば
競合しておかしくなる可能性もあるのでOFFのほうがいいかも。

カルーセル

カルーセル麻紀さんではない。
カルーセル=フランス語で回転木馬。
IT業界では 『 画面の幅にかかわらずスライドさせて大きな画像やコンテンツを表示できるようにする 』こと。
カルーセルをONにすると、記事に挿入している画像が全画面表示可能になる、らしいのですが
私はCSSで画像の幅を決めて表示されるように気をつけているので不要かな、とOFFにしています。

追加サイドバーウィジェット

お使いのWordPressテーマによりますが、右や左にあるサイドバーメニューに
Jetpackの様々なアイコンやメニューを追加できるようになるので、
使いたい機能があればONのままにしておくと良いでしょう。
ⅴをクリックして【 追加サイドバーウィジェット 設定を構成する 】のリンクに飛ぶと
サイドバーウィジェットが開き、SNSのアイコンとかが簡単に設定できるようになっているので
twitterボタンとかを設置したことが無い方はこの機会に試しに置いてみては。

ウィジェット表示管理

各種ページ、コメント、投稿年月日などの表示・非表示の管理ができる、らしいのですが
WordPress側で設定できるので、ここで機能としてON/OFFを切り替えられる意味が分からない。
とりあえずONのままにしておきましょう。

カスタム CSS

利用しているWordPressテーマと別に外観を設定するCSSを作る機能。
ⅴをクリックして【 カスタム CSS 設定を構成する 】から新しいCSSを作ることができます。

無限スクロール

通常、訪問者がひとつの記事を読み終わったら【 次の記事を読む 】などで別の記事に行きますが、
この無限スクロール機能をつけていると、ページ最下部まで
スクロールすると同時に次の記事をその下に読み込みます。
次の記事が続きの内容である場合や、関連性が深い記事であれば有用な機能ですが、
うちの記事のように、それぞれが異なるジャンルの記事が多いブログでは
訪問者にムダにスクロールさせてしまうことになるのでOFFにしておいた方が良いと思います。

モバイルテーマ

スマートフォンでもタブレットでも画面幅に合わせてコンテンツを表示する機能。
今までモバイル対応のプラグインを入れていなかった方は是非ONにしておきましょう。

モバイル対応は自力で設定することもできるので、ご参考に
 icon-angle-double-right スマホ最適化 【 1 】 モバイル ユーザビリティの問題って?

ホリデーの雪

ONにすると、12月1日から1月4日までの帰還、WordPressサイトに雪が降ります。
ちょっとした気分というかお遊び機能ですね。
一ヶ月は長いので、クリスマスが近づいたらONにして
クリスマスが終わったらOFFにする、とかなら日本でも使いやすいかもしれません。


Writing(記事編集設定)

記事を書く時や公開する時に便利な機能いろいろ。

WP.me 短縮リンク

記事内に挿入されたリンクURLを短縮してくれる機能。
例えば
ttp://pc-pier.com/blog/2015/05/07/wp-plugins201505/#PuSHPress
というようなURLを
ttp://WP.me/ry12url
こんな感じに短縮してくれます。

twitterとかで呟く時に文字数が少なく済む、とかがメリットでしょうか。
ただ短縮URLでは元のURLを隠すことになり、スパムで良く使われるため、
怪しいリンクだと思われてしまうリスクがあるので私はOFFにしています。

ショートコード埋め込み

自分でfunction.phpファイルにショートコードを書かなくても、
Jetpackが設定してくれているショートコードを使って
YouTube動画や音声ファイルを記事に埋め込むことができます。

使用できるショートコードはJetpackサポートのShortcode Embedsをご覧ください。
これらのショートコードの詳しい使い方はまた追記します。

VideoPress

広告等の表示なく動画を埋め込める機能。
有料なので、使わない方はOFFのままで。

コンタクトフォーム

記事内の好きな場所に簡単なメールフォームを設置することができます。
編集画面の上部、記事タイトルの下辺りにある
【 お問い合わせフォームを追加 】ボタンを押すだけで使えるので便利。

スペルと文法

スペルと文法のミスをチェックしてくれます。
Firefoxなどのブラウザでも同じ機能がありますね。
いちいち赤の波線が出て鬱陶しいので私はOFFにしています。

Markdown

見出しタグや太字タグなどを使う際に、通常のHTMLタグを打つのではなく
もっと簡単に使えるようにする機能。

ただこれは使い慣れるまでは入力ミスしやすいので使用する際は注意してください。
Markdown quick referenceに使用できるタグの一覧があります。

メール投稿

メールで記事の投稿ができる機能。
メール本文に記事内容を書いて、あらかじめ決めたアドレス宛に送信することで記事が投稿されます。
短い記事をぱぱっと更新したい方や、
出先でもブログを書きたい方に嬉しい機能ですね。

Beautiful Math

数式を綺麗に表示できるショートコードの機能。
分数とか、なんか良く分からない記号とかも綺麗に表示できるので、使っている方も多い機能のようです。
使い方の詳細はBeautiful Math with LaTeX のページにありますが、英語なのでちょっとわかりづらい。

カスタム投稿タイプ

固定ページや投稿ページ以外のページを作成できる機能。
記事の執筆者が複数いる時にそれぞれの紹介ページを作ったりとか、
文章のページと画像いっぱいのページの構成を変えたりとか、
色々使い方はありそうですね。

・このサイトでポートフォリオプロジェクトを有効化する。
 =絵や写真をまとめて展示するページを作る

・このサイトで推薦文を有効化する。
 =オススメしたいお店や記事のページを作り、他の記事内で挿入することができる

こちらは実際に作ってみると分かりやすいと思います。




また追々追記します

思ったよりも設定の説明だけでかなり長くなってしまったので、
アクセス解析の見方などはまた時間がある時に追記します(。・ × ・)




 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket