Twitterで『特定のキーワードを含むリプライを表示しない』 ミュート機能を設定

    icon-clock-o読了時間:約6分43秒


特定のキーワードやハッシュタグに対する
ミュート機能

前々からTwitterには『 特定のユーザーの呟きは表示しない 』というミュート機能がありました。
(なんかブロックするほどでも無いしリムーブするのも申し訳ないんだけど
 この人の呟きイタイの多いから今はちょっと見たくないわ…という微妙な関係性で使うのか?
 実は未だに使いどころが分からないので使ったことがありません)

そしてこの度、新たに
特定のキーワードやハッシュタグを含むリプライや通知を表示しない
というミュート機能が増えました。

キーワードをミュートすると、そのキーワードを含む通知やタイムラインは表示されなくなります。詳細はこちら。

設定のページにこう書いてあったので、一瞬、登録したキーワードをタイムラインや検索結果からも
排除してくれるのかと喜んだのですが、Twitterのヘルプページの詳細を見てみるとそういうことではないような?

自分宛ての@ツイートに見たくない内容が含まれていたときのために、特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを含む自分宛ての@ツイートの通知をミュートする設定があります。このミュート設定を行うことによって、これらのツイートが通知タブ、プッシュ通知、ショートメール、メール通知で通知されないようにできます。

注記: キーワードやハッシュタグのミュートは通知にだけ適用され、引き続きタイムラインや検索ではそれらを含むツイートが表示されます。ミュートしたキーワードやハッシュタグは、自分宛ての返信や@ツイートに加え、それらに対する他の利用者からのいいね、リツイート、返信、引用ツイートにも適用されます。

うん?(=ФωФ=)
どっちが本当?
ミュートについての機能説明
でもミュートでTwitter検索をかけると
「 キーワードでミュート設定したのに普通にタイムラインに出てきてるんですけど!? 」
という方がいらっしゃるので、
結局は 『 誰かから投げつけられる不愉快なリプライを見えないようにする 』 ということですかね。
もしそうだとあんまり意味ないような…?
ていうか見たくないキーワードをタイムラインから排除したい!と思うことはあっても、
@リプライから排除したい、という状況の方が少ないような気がするのですがどうでしょう。
誰かに粘着されている人とかなら相手をブロックするか、アカウントごとミュートにしてるでしょうし。

私はTwitterでは基本的にこのブログの更新を呟いたり、たまーにネタの#ハッシュタグに乗っかったりしている、
あまり他のユーザーさんとの交流が無い引きこもりアカウントなので、使い道がイマイチ分かりませんが、
せっかくの新機能ですし、使い道めっちゃある!という方は設定してみてください。
私も設定してタイムラインにも効くものか、しばらく様子を見てみようと思います。


新ミュート機能の使い方

自分のアカウントアイコンをクリック
 icon-arrow-right 【 設定とプライバシー 】をクリック。
Twitterのキーワードでミュートする機能
左メニュー内の【 ミュートするキーワード 】
 icon-arrow-right 【 OK 】
 icon-arrow-right 【 追加 】
Twitterのキーワードでミュートする機能設定
ミュートしたいキーワードやハッシュタグ(#●●)を入れて【 追加 】で設定完了です。
※英字の場合、大文字・小文字の区別はありません。
Twitterのキーワードでミュートする機能・キーワード追加
ここで 『 ホームタイムライン 』 という項目があるので、本当はタイムラインにも有効なのか…?


タイムラインと検索結果でこそ
ミュートしたいです運営さーん

もし今回の機能追加が 『 リプライにだけ効くミュート 』 だった場合は
次こそ是非タイムラインと検索結果に対するミュート機能をお願いしたい。

とりあえずNAVERを自分のWeb上から全て排除したい…!
  icon-external-link 【アドオン】特定のサイトを検索結果に出さないようにする拡張機能
  icon-external-link NAVERまとめの著作権侵害パクリ記事を通報する方法
  icon-external-link ネイバーからの不正リンク(jptrans.naver.net・jj2k.naver.com)を駆除&リンク否認する

あと、せっかく楽しい皆さんのツイートを拝見していたのに、
不意に荒ぶった言葉遣いとか、勢いのある批判とかが紛れているとツラいですし。
インターネット・リテラシーを大切に の記事でも触れましたが、
そのネットが繋がっている先に居るのは老若男女を問わない不特定多数の人間だと思えば、
リアルで人に面と向かって言えない言葉はネット上でも絶対に言えないと思うのですが、
ネットが身近になり、生活に当たり前に存在しているものになったことで、
警戒心というか、ネットに対して身構える気持ちが薄れてしまったのかもしれません。

私はちょうど、ネットが一般化されていく過渡期とともに成長したのですが、
「 えっ、ホームページに顔晒すとか怖すぎるでしょ 」
「 学校名や最寄り駅を載せるのも有り得ない、自分で犯罪を呼び寄せてどうする… 」
「 ほんとだよ、最近はヤバイ人も居るから同人誌の奥付に住所載せるのもやめたのに 」
「 つうかこないだオフ会で初対面のひとに本名と年齢を聞かれた 」
「 それはやばい 」
「 やばいひとだ。近づいてはならない 」
といった考え方が周囲で一般的だったので、今のお若い方々の
「 田中太郎(本名)@3/25誕生日祝って:
  今日は●●高校は創立記念日で□□のカラオケに来た!(GPS情報付き写真) 」
みたいな個人情報満載の呟きを見るとちょっとビビります。

著名人の方ならともかく、一般の方がそこまで全世界に向かって己を晒す意味とは一体なんなんだ。
考えても考えても分からない。
自分にはスネに傷など無く、隠すことも何も無い!という誰かに向けたアピールなのでしょうか…。
本当に最近はストーカーや詐欺師が追っかけてきたりするので、
できるだけご自分の情報は自力で守るようにしてくださいね。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket