【プラグイン】バックアップ保存用BackWPupのインストールと設定

    icon-clock-o読了時間:約9分3秒

BackWPupロゴ

 目次 

BackWPupの動作エラー原因
再設定する場合はまずBackWPupを削除

BackWPupによるバックアップの流れ
  ∟無料で2GBまでデータ保存できるDropbox

BackWPupをインストール
BackWPupの設定
  ∟【 一般 】設定
  ∟【 スケジュール 】設定
  ∟【 DBバックアップ 】設定
  ∟【 宛先:Dropbox 】設定
  ∟ネットワーク設定をしておく

バックアップを実行してみる
バックアップファイルのダウンロードと削除


BackWPupの動作エラー原因

WordPressを使ってこのブログを始めた当初から
BackWPupというプラグインを使って、DropboxというWEBサービスに
WordPressのデータ(記事や画像のデータ)を毎日自動でバックアップ保存していました。

開始から4年間、何の問題もなくバックアップが動作していたのですが、
ある日エラーが出てバックアップが動作しなくなってしまいました。
BackWPupのエラー
BackWPupのログを見てみると

期待された HTTP レスポンスではありません:
ステータスコード: 403
Content:
You don’t have permission to access /blog/wp-cron.php on this server.
(このサーバーの/blog/wp-cron.phpにアクセスする権限がありません。)

というエラーが出ています。

エラーが出てからプラグインの再インストール&再設定や、
他の競合しそうなプラグインの停止などを色々試してもダメで、
なんでなんだろうと悩み倒していたのですが、ふと気づきました。
自分が怪しいと思ったIPアドレスのアクセスを.htaccessで弾いていたことが原因でした。

ある程度の長さ以上のテキストコピーをチェックするプラグインを入れていて、
【 49.212.235.186 】というIPアドレスがやたらに本文コピーをしていく上に
クローラーにしてはピンポイントで人間みたいなコピーの仕方をしていたので
いつもの無断転載アフィリエイターかなと思って弾いたのですが、
まさかプラグインのクローラーだとは…。
ここに思い至るまで悩んだ時間はなんだったのか…。

直ったのでまあいいかと思いつつ、ついでに
BackWPupのインストールと設定手順について書き残しておきたいと思います。
私と同じようにエラーが出て再設定をしてみようという方はもちろん、
初めて BackWPup を使う方のご参考になりましたら幸いです。


再設定する場合はまずBackWPupを削除

現在BackWPupを使っていて、エラーのため削除&再設定を行う方は
念のため、現在の設定状況をメモ帳やスクリーンショット等で残しておくと良いかもしれません。
  icon-lightbulb-o スクリーンショットの撮影方法はこちら
   icon-windows 画面のスクリーンショットを撮影するには
   icon-apple Macのパソコンでスクリーンショットを撮影するには



WordPressのサイドメニュー内から【 プラグイン 】
⇒BackWPupを【 停止 】⇒【 削除 】⇒【 OK 】をクリックで削除完了です。
BackWPupを削除
合わせて、Dropboxにあるプラグイン用のフォルダ(アプリ/BackWPup)も削除しておきます。
Dropboxフォルダ削除


BackWPupによるバックアップの流れ

WordPressプラグイン 『 BackWPup 』 でバックアップを取る時間帯やバックアップ保存先を設定
   icon-arrow-down 
指定したタイミングで、保存先(Dropboxなどのオンラインストレージサービス)に
WordPressのバックアップデータが保存される
   icon-arrow-down 
自分でデータを管理する
 icon-folder-open 保存先がいっぱいになったら過去の不要データを削除
 icon-folder-open 定期的にバックアップデータを自分のパソコンにダウンロード保存
 icon-folder-open いざエラーやデータ消失が発生したらバックアップデータからWordPressを復旧

無料で2GBまでデータ保存できるDropbox

Dropboxはオンラインストレージサービス、
つまりインターネットサーバー上に自分用のデータ保存棚を借りられるサービスの一つです。
Dropboxの無料サービスの容量は2GB、有料登録すれば1TB(1000GB)の容量を使用することができます。
詳しい登録方法や使用方法は
オンラインでデータを保存するDropboxの使い方 をご覧ください。

Dropboxがいっぱいになったら、自分のパソコンに直近のバックアップデータをダウンロード保存し、
Dropbox上のデータを削除してまた容量を空ける、という使い方をしています。
ちなみにDropboxに空き容量が無い状態でBackWPupバックアップが動作すると、
登録してあるメールアドレスに 『 バックアップが失敗したよ~ 』 というお知らせのメールが来ます。


BackWPupをインストール

プラグインページで【 新規追加 】⇒ 『 ackWPup 』 をキーワード検索
⇒【 今すぐインストール 】⇒【 有効化 】
BackWPupをインストール


BackWPupの設定

サイドメニューからBackWPupの【 新規ジョブを追加 】をクリック。
BackWPupの設定1

【 一般 】設定

BackWPupの一般設定

【 スケジュール 】設定

自動でWordPressのバックアップを行うため 『 WordPress の cron 』 を選択。
お好みでスケジュールの日時を設定。
BackWPupのスケジュール設定
サーバーへの負担を軽くするためにもこの自動バックアップは週1回程度、
更に時間帯は週末の深夜から朝方(アクセスが少ない時間帯)に行うのがおすすめ。
時刻も5時ピッタリとかではなく、少しズラした時間にしておくと良いでしょう。

【 DBバックアップ 】設定

ここは自分のデータベースの情報が自動で設定されているはずなので
特に除外したいフォルダ等が無い限りは変更せず、チェックを入れたままで大丈夫です。

ファイルの圧縮を行いたい場合は【 GZip 】にチェックを入れておきます。
BackWPupのDBバックアップ設定

【 宛先:Dropbox 】設定

①あらかじめDropboxにログインしておき
 【 Dropbox のアプリ認証コードを取得 】をクリック
②Dropboxのアクセス許可ウインドウが開くので【 許可 】をクリック
③ 『 BackWPupApp にこのコードを入力してください。 』 というメッセージと
 認証コードとしてランダムな英数字が表示されるので、
『 Dropbox のアプリへのアクセス 』 のボックス内にコピーして貼り付ける
④保存先の名前を変更したい場合は任意のフォルダ名を入力
BackWPupの宛先:Dropbox設定

ネットワーク設定をしておく

サイドメニューの【 設定 】⇒【 ネットワーク 】
⇒ wp-cron.phpへのアクセス認証のため、 認証方法を設定しておきます。
wp-cron.phpの認証


バックアップを実行してみる

設定の【 変更を保存 】した後に表示される画面で【 今すぐ実行 】をクリックします。
バックアップを実行
無事エラーが出ずにバックアップが完了すればOKです。
念のためDropbox側も確認しておきましょう。
Dropbox:バックアップファイル


バックアップファイルのダウンロードと削除

Dropboxの容量がいっぱいになったら、念のためにバックアップファイルをパソコンに
ダウンロード保存した後で不要ファイルを削除しましょう。

Dropboxにログインして、保存されたファイルを確認。
Dropboxバックアップファイル1
チェックを入れて【 ダウンロード 】をクリックし、自分のパソコンにファイルを保存します。
Dropboxバックアップファイル2
ファイルを保存したら、Dropboxの容量を空けるためにファイルを選択・削除します。
Dropboxバックアップファイル削除

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket