無料レンタルサーバーでWordPressブログを運営する【7】記事を投稿する

    icon-clock-o読了時間:約2分27秒

これまでWordPressでサイトを運営する初期設定などをご説明してきました。
サイトひとつ作るにも、自力で大部分を決めるって結構大変ですよね… _(:3」∠)_
とはいえ、これまでの設定は一度やっておけば、後は
・更新通知が出たら更新する
・デザインなどを変えたくなったらそこだけいじる
・新しいプラグインをインストールする
といった簡単な部分の管理がメインになるので、運営自体はそんなに大変では無いと思います。

それではいよいよ実際に記事を作って投稿(Web上に公開)してみましょう。


投稿する記事の作成

自分の近況、自社の商品紹介、読んだ本の感想、ペットの写真、などなど。
WordPressで投稿する記事の内容は自由です。

途中まで記事を書いたら下書きとして保存、また次の日に続きを書いて投稿、といったことも
勿論可能なので、自分のペースでのんびり編集・投稿しましょう。

『 Hello world! 』を削除

左サイドメニューの【 投稿 】をクリックして表示される『 Hello world! 』という記事は
Simplicity2 のテーマにデフォルトで入っている一例なので、
不要であれば【 ゴミ箱へ移動 】して削除してください。
投稿記事の例

記事カテゴリーを登録

投稿する記事のカテゴリーが大体決まっているのであれば
『 写真 』『 食レポ 』『 その他 』 のように、
記事に設定するカテゴリーをあらかじめ登録しておきましょう。

左サイドメニュー【 投稿 】⇒【 カテゴリー 】をクリック。
カテゴリーの名前とスラッグを入力して【 新規カテゴリーを追加 】でOKです。

WordPressのスラッグ

WordPressにおけるスラッグとは、URLとして表記される部分を
自分の好きな英数字に設定できるものです。
『 投稿ID 』 や 『 投稿URL 』 と呼ばれることもあります。

投稿記事を閲覧している時には、その記事に固有のスラッグが、
カテゴリーごとに記事一覧を表示させた場合はカテゴリーのスラッグが、
それぞれURLとして表示されることになります。
WordPressの記事スラッグ
英数字とハイフンなどの記号以外は<$B%a!<%k%(%i!<$,H/@8$7$^$7$?(B>のように
文字化けしてしまうことが多いので、出来るだけ日本語は使わないようにしましょう。

記事の【 新規追加 】

左サイドメニュー【 投稿 】⇒【 新規追加 】をクリック。
テキストモードで編集
まずはページタイトルと本文を適当に入力して【 下書きとして保存 】を押してみましょう。
下書き保存した記事は【 投稿一覧 】から再編集や削除が行えます。

また、編集中に【 プレビュー 】をクリックすると、現在の状態でどんな風にサイトに表示されるかの
プレビュー(お試し確認)画面が表示されるので確認してみてください。
投稿のプレビュー画面

記事投稿の基本的な流れ

WordPress記事の新規投稿

(1)記事のタイトルを入力

タイトルも後で変更できるので、後から記事の下書き一覧を自分が見た時に
「 あー、あの記事の書きかけか 」 と分かるように何か適当にタイトルを入れておきます。

(2)パーマリンク(ページのURL)を変更したい場合は忘れない内に変更

上記の WordPressのスラッグ でもお話したとおり、URLに日本語を入れると文字化けしてしまうので
できるだけ英語・数字・記号(ハイフンやアンダーバー)のみを使いましょう。
デフォルト(初期状態)である『 ~/年月日/post-50(自動で割り振られた記事番号) 』
のままで良ければそのままでも構いません。

(3)カテゴリーを選択

右メニュー内の【 カテゴリー 】から記事内容に添ったカテゴリーを選択。
これも後から再設定できます。

(4)こまめに【 下書きとして保存 】

右上の【 下書きとして保存 】をクリックすると、サイト上では未公開のまま
下書きとして保存し、また後でいつでも編集を行うことができます。

ブラウザのフリーズなどでせっかく打った文章が消えたら切ないので、
切りの良いところまで打ったら下書き保存、
画像を挿入したら下書き保存、というようにマメに保存しておくと安心です。

(5)SEOタイトル

誰かがGoogleやYahoo!やBingでキーワード検索を掛けた時に、
検索結果一覧の中に表示されるタイトルのことです。
基本的には記事タイトル(ページタイトル)と同じで構いません。

SEO(SEO対策)とはザックリ言うと
『 GoogleやYahoo!などの検索エンジンに対して優良サイトであるとアピールして、
ちょっとでも検索結果の上位に表示されるように頑張る努力 』のことです。

・サイトの内容を充実させて訪問者を増やす
・正しい記述でサイトを作る(例えば、見出しタグのh1の次はh2で逆に書いたりしない、など)
・役立つ記事や面白い記事でSNSや他サイトさんからリンクを貼ってもらう
などが正しいSEO対策

・業者に依頼して不正なリンクを貼ってもらう
・キーワード検索に引っかかるために、無関係な単語もページ内に入れる
・他サイトの記事を丸々引用するなどの不正な記事作成
これらは悪いSEO対策で逆効果なので要注意。

この場合の 『 SEOタイトル 』 は、検索結果ページに表示されるページのタイトルのこと。
METAタイトルのことですね。

※METAタイトルについて詳細はこちら
 icon-lightbulb-o 【 HTML 】メタタグ(meta要素)の書き方;ページタイトルを付ける

(6)メタディスクリプション

SEO対策の一環として、記事内容の概要を説明する文章を入力します。

※METAディスクリプションについて詳細はこちら
 icon-lightbulb-o 【 HTML 】メタタグ(meta要素)の書き方;descriptionでスニペットを表示

(7)メタキーワード

こちらもSEO対策の一環で、記事の内容に関連する単語を入力します。

※METAキーワードについて詳細はこちら
 icon-lightbulb-o 【 HTML 】メタタグ(meta要素)の書き方;キーワードを設定

右メニュー内の【 タグ 】もキーワードと同じでも構いません。
タグはSEOとは関係なく、その記事を読んだ人がタグで関連記事を探すため、
あるいは関連記事の自動表示のために設定しておくキーワードです。
METAキーワードと同じで構わない場合は、コピーして
【 タグ 】ボックス内に貼り付けて【 追加 】クリックでOKです。

(8)更新日の変更

記事に追記や変更を加えた日を公開するかどうか。
これはお好みで設定していただいて大丈夫です。

例えば私の場合は
記事に大幅な変更を加えた時などは【 変更する 】にして更新日を表示し、
ちょっとした誤字の修正などであれば【 変更しない 】にしています。
記事の更新日

(9)アイキャッチ画像の設定

記事一覧やSNSや他サイトにリンクが貼られた際の表示画像です。
設定しなくても何か問題があるわけではないのですが、
閲覧者さんに記事の内容がどんなものか分かりやすくしておこう、
なんとなく見栄えも良くなるし、ということで設定している方が多いですね。
サイト内でのアイキャッチ画像
こちらはURLをTwitterで呟いたときの表示。
SNSでのアイキャッチ画像

(10)記事の公開

【 公開 】をクリックすると、記事がWeb上に公開され、誰でも閲覧できる状態になります。

うっかり間違えて公開してしまった、まだ途中なのに!という時は
編集ページ右上の公開状態の箇所から
【 非公開 】にチェックを入れて【 OK 】をクリックすれば大丈夫です。
WordPress記事を非公開に
【 投稿一覧 】から該当記事をクイック編集して【 非公開 】に修正も可能です。
WordPressクイック編集で非公開に


記事内に画像を入れる

前回記事 【6】固定ページ編集 にて、メディアライブラリに画像をアップロードする方法をご説明しました。
本文中に画像を挿入したい場合は、メディアライブラリから使用画像を選択するか、
上部メニューの【 img 】ボタンをクリックしてURL入力します。
記事内に画像を挿入
自分で画像用のHTMLタグを記入する方法もあります。


無料レンタルサーバーでWordPressブログを運営する シリーズ記事

【1】概要説明
【2】会員登録とインストール
【3】初期設定
【4】テーマのインストール
【5】外観デザインをカスタマイズ
【6】固定ページ編集
【7】記事を投稿する(この記事です)

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket