起動不具合とリチウムバッテリーの取り外し・交換

    icon-clock-o読了時間:約11分27秒

リチウムイオン電池バッテリー
ノートパソコンのバッテリー(リチウムイオン電池)について の記事で
バッテリーの膨張・発熱・発火の危険性や、宅配や飛行機持ち込み時の注意事項をご説明しました。

今回はノートパソコンの使用中に 『 バッテリ交換の警告 』 などのエラーメッセージが表示された時や、
突然バッテリー充電やPC起動ができなくなってしまった際の対処法をご説明します。


ACアダプターを替えてみる

可能であれば誰かにACアダプターを借りて、
アダプターの問題なのか、その他の問題なのかを切り分けてみましょう。
アダプターの型番シールなどに記載されている電圧の数値(V=ボルト数とA=アンペア数)
そしてコネクタ(ジャック)部分の形状が適合すれば、その機種専用のアダプター以外も使えます。
ACアダプターの電圧
この時、電圧の数値が異なるACアダプターを使ってしまうと、
そもそも全くPCが動かないか、最悪の場合は電圧異常によってPCの電源回路が壊れたり
内部で焼損や発熱が発生して火災の原因になったりしますのでご注意ください。

また、形状が適合しないコネクタを無理に挿し込むと内部金具が破損する可能性がありますので
形状を確認してから慎重に挿してくださいね。
ACアダプターのコネクタ形状
  icon-asterisk タブレットの場合は要注意 icon-asterisk 
  ノートパソコンであれば上記のように専用アダプター以外を使用しても良いのですが、
  タブレットPCの場合は電圧の数値とコネクタ形状が合致していたとしても、
  そのタブレット機種専用アダプター以外を使うと部品破損の原因になる可能性があります。
  専用アダプターの紛失や破損でお困りの場合は、全く同じものをご購入ください。

借りたアダプターなら問題なく動く

借りたアダプターで問題なく動作するのであればアダプターかケーブルに問題がある、
ということで新しいACアダプターを購入すればOKです。

PCのメーカー名とアダプターの型番で検索して、PCメーカーさんのオプション品の販売サイトや、
Amazonさんやヨドバシカメラさんといったネット通販サイトで販売されていないか探してみましょう。
Yahoo!オークション等では中古のアダプターがお得に出品されていることもあるので、
あくまでも中古品(保証が無く、どのくらい持つかも不明)ということを了承できるのであれば
そうした出品商品を購入するのも良いかと思います。
ACアダプターの型番

代わりのアダプターが無い or
 借りたアダプターでも不具合状況が変わらない

借りたACアダプターを付けてみても状況が変わらない場合は、バッテリーや基板の不具合かもしれません。

また、代わりのアダプターが見つからなかった場合もとりあえずアダプターのことは置いておいて
バッテリーの状態を確認してみてください。


バッテリーを外してみる

経年劣化や水濡れなどで不良状態になったバッテリーが不具合の原因になることがあります。

スイッチ(ツメ)部分のロックを外し、バッテリーを取り外してみてください。

※機種によってはネジ留めされているバッテリーもあるので、その場合は
ドライバーでネジを回して外し、それからバッテリーを取り外します。
錠やネジなどの描かれているマークと順番を良く確認してください。
リチウムバッテリーの取り外し
バッテリーを外してみて、ACアダプター(電源コード)だけで起動して
エラーメッセージが出ない、問題なく起動できる、というように
状況が改善された場合はバッテリー不良でほぼ間違いないですね。

ACアダプター(電源コード)に繋ぎっぱなしで使っている
  (PCを持ち運んで使用しない)方は

普段から電源に繋ぎっぱなしで、実はバッテリーだけで起動したことが無い。
そんな方であれば、バッテリーを外したまま使っていただいて大丈夫です。
バッテリーを外したところがポッカリ空くことにはなりますが、
それで何か問題があるわけではないのでACアダプター接続だけでPCを使用してください。

一応ポッカリ空いた部分にホコリが溜まりやすくなるので、
日頃からPC周りをちょっと綺麗に保つようにご注意いただければ。

また、取り外したバッテリーはお住いの地域の適切な廃棄方法に従ってお早めに処分してください。
劣化したリチウムバッテリーは、最悪の場合は
膨張・破裂・発煙・発火する可能性があるので、そのまま放置しておくのは危険です。

PCを持ち運んで使うのでバッテリーが無いと困るという方は

PCのメーカー名とバッテリーの型番でネット検索して、
PCメーカーさんのオプション品の販売サイトや、Amazonさんやヨドバシカメラさんといった
ネット通販サイトで販売されていないか探してみましょう。
Yahoo!オークション等では中古のアダプターがお得に出品されていることもあるので、
あくまでも中古品(保証が無く、どのくらい持つかも不明)ということを了承できるのであれば
そうした出品商品を購入するのも良いかと思います。
リチウムバッテリーの型番

ソーカンパワーについて

バッテリー型番やPC機種型番で検索をかけると、ソーカンパワー株式会社
(LaptopBattery.jp および adapters.jp)
という企業サイトが出て来ることがあります。
パソコン用の液晶パネル、バッテリー、ACアダプターなどの部品販売を行っている中国企業なのですが、
この会社に散々うちのブログ記事を盗用され、丸々コピーした文章内に宣伝リンクを挟まれ、という
被害に遭い、その度に著作権侵害申し立てをしています。
(一例がこちら⇒無断転載のパクリ記事を著作権侵害でGoogleさんに通報する方法

日本語サイトがあるので、安いからとソーカンパワーから部品を購入される方も多いようなのですが、
ホームページに会社の住所も記載していない上に、平気であちこちのブログ記事を盗用するような会社が
ちゃんとした商品を売ってくれるとは思えないので個人的にあまりオススメしたくないなと思っています。

購入した場合には中国から発送されるので到着まで何日かかるか分かりませんし、
商品の配送や不良品の返品交換について問合せしようと思ったら
メールを送ってその返事を待つか、中国に国際電話を掛ける羽目になります。

また、ソーカンパワーのホームページに記載されている免責事項には

当社では、特定の電気メーカーの製品に[交換]使用可能な製品を提供しております。
単に当社製品の[交換]使用可能性を示す目的で、その製造元の商標や製品情報を利用しております。
当社または当サイトは、これらの製造元に所属すること、権限が与えられること、認可される事等は一切ありません。
また、当社はその製造元の代理店ではありません。
当サイトにて販売されている製品は、その製造元の認可で互換製品として製造及び販売を行っておりません

とある通り、ソーカンパワーの販売している部品はサードパーティ製品と呼ばれる、
本来その製品を製造している会社とは無関係に製造・販売している製品です。

サードパーティ製の安価なノートパソコン用バッテリーや大容量バッテリーは、
品質によっては使用しているだけで電源回路やバックライトを劣化させていきますので、
もしも購入してしまった後は正規部品や正規互換品と比べて形状が異なっていないか、
充電が不安定になっていないかを確認してください。

特にバッテリーと本体の接触部分(下記写真参照;金色の金具が見えている部分)を見て、
元々使っていたバッテリーと形状が異なる場合は使用しないようにご注意を。
バッテリー


分解しないとバッテリーが取り出せないPCの場合

本体を分解しないとバッテリーが取り外せない、
あるいは知識や技術が無いと取り外しが出来ない機種もあります。
AppleのMacBookシリーズや、最近増えてきた薄型軽量のUltrabookと呼ばれる機種だと
このタイプがほとんどですね。

可能であればご自身でネジや接着面を外して底面をカパっと開けてバッテリーを取り外すか、
無理そうであればPC修理業者に取り外しや交換のご依頼をしていただくことになります。

無理に分解すると破損してしまうこともあるので、ご自身で分解される時は慎重に。
また、ちゃんと元に戻せるように、外したネジを失くさないようにご注意ください。
元々ネジが嵌っている状態をスマホやデジカメで撮影してから外し、
小分けして小皿などに入れておくと安心です。
分解は問題無く出来た方でも、再度組み上げる際にネジをきつく締めすぎて
貫通して基板などの部品を傷つける方が結構いらっしゃいます。


バッテリー交換の値段

修理業者にバッテリー交換のご依頼をいただいた場合は機種や交換内容によって値段が変わります。
うちにご依頼いただいた場合は大体6,000~30,000円です。

バッテリーごとの大体の交換お見積りはこんな感じです。

中古リフレッシュ品(中のセルを新品に入れ替え)6,000円~
  ↓
普通のノートパソコンのバッテリー 10,000円~
  ↓
MacBookなどのApple機種のバッテリー 13,000円~
  ↓
Ultrabook機種のバッテリー 20,000円~


マザーボード修理が必要な場合

アダプター(電源コード)もバッテリーも新しいものに替えてみたけど状況が変わらない、という場合は
マザーボード基板の電源回路などが壊れて不具合が発生しているのかもしれません。

マザーボードはPCの動作に必要な部品が色々と取り付けられている金属の板のようなものなのですが、
その基板に取り付けられている部品が壊れたり、
動作熱で浮いて剥がれたりするとこうした不具合が起こります。
この場合は、マザーボードの修理や交換が必要です。

弊社だとマザーボードの修理料金は大体¥10,000~35,000程度です。
その機種に使われている部品の仕様や、破損の度合いによって料金が変わります。

性能の高いゲーミングモデルや、Ultrabookなどの新型薄型パネル不良の場合は
搭載されている部品が高性能な仕様だったり、その流通が少ない機種独自部品だったりで
部品価格そのものが高価なため、交換が必要な場合は¥40,000-を超えることもあります。

いずれにしても破損の範囲が広がると修理料金も高くなる可能性が高いので、
ギリギリまで使い続けずに、不具合が出たら出来るだけお早めにご相談いただければと思います。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket