【Firefox】リフレッシュして動作不具合を解消&再設定

    icon-clock-o読了時間:約12分56秒

Firefoxを使っていると、何かの拍子に調子が悪くなることがあります。
タブクラッシュが頻発したり、ページ遷移などの動作が異常に遅くなったり、
ブックマークの☆をクリックしても全く反応しなくなったり。

Firefoxそのものの更新、アドオン(拡張機能)の更新、
不要なアドオンの削除・履歴の削除などを試してみても変化が無ければ、
Firefoxのリフレッシュを試してみると改善される場合があります。
Firefoxのタブクラッシュを改善

 目次 

リフレッシュで消える物と残る物
Firefoxのリフレッシュ更新

改めてFirefoxの設定をする
  ∟上部のメニューバーをカスタマイズ
  ∟スタートページの設定
  ∟新しいタブを設定
  ∟アドオン(拡張機能)のインストール
   着せ替えテーマのインストール

Firefoxをリフレッシュ前の状態に戻す

拡張機能(プラグイン)を確認する


リフレッシュで消える物と残る物

リフレッシュ更新することによって、動作の遅延やエラーを修正することができます。
ただ、ブックマークや保存したパスワードなどはそのまま引き継がれますが、
拡張機能や着せ替えテーマは削除(初期化)されてしまうので、
リフレッシュした後で再度入れなおす必要があります。
Firefoxのリフレッシュで消える設定
消えるものと残るものについて、詳しくは以下のとおりです。

リフレッシュすると消えるもの

拡張機能(アドオン)
テーマ
Web サイトごとの設定
ユーザーが追加した検索エンジン
DOM ストレージ
セキュリティ証明書とデバイスの設定
ダウンロード時の動作
ツールバーのカスタマイズ
ユーザスタイル

リフレッシュした後でも残るもの

ブックマーク
閲覧履歴とダウンロード履歴
パスワード
開かれているウィンドウ 、タブとタブグループ
Cookie
Web ページ上のフォームの入力補完情報
ユーザ辞書


Firefoxのリフレッシュ更新

Firefoxの更新ページにアクセスして【 Firefoxをリフレッシュ 】をクリック。
Firefoxのリフレッシュ
リフレッシュ後、引継いだデータがインポート(ファイル読込)されます。
Firefoxのリフレッシュ完了
【 復元 】をクリックすると作業直前に開いていたページに戻ることができます。
リフレッシュ後・タブの復元

リフレッシュ完了後、デスクトップ画面に 『 Old Firefox Data 』 というフォルダが自動作成されています。
このフォルダ内のデータを使うと、Firefoxをリフレッシュ前の状態に戻すことが出来ます。
復元する予定がなく、このフォルダが不要であれば削除して構いません。
Old Firefox Data


改めてFirefoxの設定をする

リフレッシュした状態でFirefoxを使ってみて、不具合が改善されていればOKです。
その後は様子を見ながらテーマや拡張機能を入れ直してください。
不具合が改善されていない場合は、元データを使ってリフレッシュ前の状態に戻しましょう。

ここでは、Firefoxの基本的なカスタマイズや拡張機能を再設定するため手順をご説明します。
Firefoxを開いた時のスタートページや
新しいタブのページを自分の好みのサイトに設定したり、
これだけは外せないというアドオンを入れ直したり、
ツールバーと検索窓を使いやすくカスタマイズしたり。
自分がより使いやすい状態に設定してみてくださいね。


上部のメニューバーをカスタマイズ

デフォルト(標準)状態では上部メニューバーは表示されていません。
バーの空白部分を右クリックして【 メニューバー 】をクリックすると表示されます。
また、【 カスタマイズ 】からはメニューバーに表示させる項目を設定することができます。
Firefox・上部メニューバー


スタートページの設定

Firefoxを起動させた時、一番最初に表示されるスタートページ。ホームとも呼ばれますね。
これを好みのサイトに変更することができます。

Firefox右上の【 icon-reorder メニュー 】⇒【 オプション 】
⇒ 『 ホームページ 』 の項目でスタートページに設定したいサイトのURLを枠内に入力
⇒【 OK 】をクリック。
Firefox・スタートページの設定
例えば私は 『 https://www.yahoo.co.jp 』 で
Yahoo!のトップページが開くように設定しています。


新しいタブを設定

Custom New Tabsという拡張機能(アドオン)をインストールすることによって
新しいタブで表示するページを好きなURLに設定することができます。
新しいタブを開く

Custom New Tabs のページにアクセスして【 icon-plus Firefoxへ追加 】ボタンをクリック。
インストールの許可を求めるメッセージが出たらそのまま【 追加 】をクリックしてください。
Custom New Tabs
【 icon-puzzle-piece アドオン 】
⇒拡張機能・『 Custom New Tabs 』の【 設定 】ボタンをクリック
⇒URL枠内のabout:newtabを削除して、お好きなサイトのURLを入力
⇒アドオンマネージャーを終了すれば設定完了です。
Custom New Tabsの設定
私はYahoo!のトップページを表示させたいので http://www.yahoo.co.jp と入力しています。
元に戻したい時はまた about:newtab と入力すれば初期設定に戻ります。


アドオン(拡張機能)のインストール

Firefoxに様々な機能を追加できるオプション機能がアドオンです。
中でも拡張機能はほとんどがインストールするだけで使えるようになる便利機能なので、
リフレッシュで消えてしまった拡張機能は再度インストールして使えるようにしておきましょう。

アドオンに関する過去記事もご参考に。
 icon-angle-double-right Firefoxおすすめアドオン:Quantum Ver.57対応WE【2017年12月版】
 icon-angle-double-right 【Firefoxアドオン】Print Edit WEで思い通りにWebページを編集して印刷
 icon-angle-double-right 【後で読む ポケット】Pocket for Firefoxの使い方
 icon-angle-double-right 【アドオン】特定のサイトを検索結果に出さないようにする拡張機能

着せ替えテーマのインストール

上部のメニューバーやタブの色・背景を設定できるテーマ。
有志の方や企業が色々と提供してくださっているので、
今まで使ったことが無い方も、この機会に試してみてください。
 icon-angle-double-right Firefoxの着せ替えテーマで気分転換【2017年12月版】


Firefoxをリフレッシュ前の状態に戻す

リフレッシュ完了後、デスクトップ画面に 『 Old Firefox Data 』 というフォルダが自動作成されています。
この中に元のデータが保存されているため、リフレッシュ後のファイルに上書きすれば
元通りのFirefoxの状態に戻すことが出来ます。

Firefox右上の【 icon-reorder メニュー 】⇒【 icon-question-circle ヘルプ 】⇒【 トラブルシューティング情報 】を開きます。
Firefoxの復元・トラブルシューティング情報
Firefoxの自分が設定した情報のフォルダ(プロファイルフォルダ)が開きます。
ここでFirefox自体は×をクリックして終了させてください。

元に戻したいデータ(Old Firefox Data内のデータ)を右クリックして【 コピー 】
⇒新しいプロファイルデータのフォルダ内の空白部分を右クリックして【 貼り付け 】。
上書き保存すると、現在のFirefoxに旧データが反映されます。
Firefoxのプロファイルデータの復元

主なファイル名とデータ内容
ブックマーク、ダウンロードと閲覧履歴:places.sqlite

Firefox のブックマーク(お気に入りサイト)、ダウンロードしたファイル、
以前訪問したウェブサイトのリストが含まれています。

パスワード:key4.dbとlogins.json

Firefoxのパスワードマネージャーを使って保存した
パスワードのデータファイルです。
復元する際にはこの2つのファイルをコピー・貼り付けします。

検索エンジン:search.json.mozlz4

自分でインストールした検索エンジンや、検索エンジンの追加・削除設定の情報です。

サイトごとの設定:permissions.sqlite

サイトごとに行った許可情報(Cookieの許可やブロック、ポップアップ通知の許可など)です。

個人用辞書:persdict.dat

Firefox の辞書に登録したすべての単語データです。
単語を登録したことがなければファイルは存在しません。

自動補完履歴:ormhistory.sqlite

検索バーで検索した単語とウェブサイトのフォームに入力した単語データ。

Cookie(クッキー):cookies.sqlite

サイトの訪問履歴や、ログイン状態の維持などのデータがクッキーです。

セキュリティ証明書の設定:cert9.db

セキュリティ証明書の設定と Firefox にインポートした SSL 証明書のデータです。

ファイルタイプとダウンロード設定:handlers.json

ファイルを保存するかアプリケーションで開くかといった、
動作のデフォルト設定に対するデータです。


拡張機能(プラグイン)を確認する

ブラウザに標準で入っている拡張機能(アドオンやプラグイン)のせいで
不具合が発生しているのかもしれません。

上記のようにFirefoxそのものをリフレッシュ(設定の初期化)をしてみても
特に状況に変化は無く相変わらず動作が重い場合は、
Firefoxの標準として入っているプラグインを確認してみてください。
Firefoxの標準プラグインを停止
私の場合、この『 Widevine Content Decryption Module 』 を停止させてみると
全体的にブラウザ自体の動作速度が速くなり、タブクラッシュも発生していないので
もしかしてコレが全ての原因だったのかも。
Firefoxの標準プラグインを停止2

Widevine Content Decryption Module とは

この見慣れないプラグインは、Googleさんが提供しているDRMコンテンツ再生用のプラグインのようです。
DRMコンテンツ、つまりデジタル著作権管理 (DRM; Digital Rights Management) によって
閲覧利用を制御されているオンライン動画や音声サービスなどのコンテンツを利用するためのプラグイン。
FirefoxのDRMコンテンツに関するヘルプページを見る所によると、
DRMコンテンツには、通常のAdobe Flash や Microsoft Silverlightのプラグインで
視聴できるものが現状では多いかと思うのですが、それらに代わる新しい方式のHTML5動画を見るために
この 『 Widevine Content Decryption Module 』 が必要だよーということのようです。

今のところ、このプラグインが必要な動画に遭遇していないので、
しばらく『 Widevine Content Decryption Module 』 を停止させたまま様子を見てみて、
いつかFlashで見れない動画が出てきたら
その時にまた無効/有効を切り替えようと思います。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket