エックスドメイン⇒さくらインターネットにWordPressを移行してSSL化(3)ドメイン設定

    icon-clock-o読了時間:約4分48秒

エックスドメイン⇒さくらインターネットにWordPressを移行してSSL化
(2)データをアップロードの続き。
WordPressデータをさくらのレンタルサーバーに移行できたら、
次は取得した独自ドメインを使うための準備と、SSL証明書の登録をします。


ドメインフォルダの設定

サーバー上で独自ドメインを使うために、ドメインの追加を行います。

サーバーコントロールパネルの【 ドメイン/SSL設定 】
⇒独自ドメインの【 変更 】
⇒WordPressデータがあるサーバー側のフォルダを指定します。
ドメインの設定
変更が完了すると、独自ドメインでWordPressを動作させる準備が整います。
ドメイン名をクリックして、WordPressサイトが正常に表示されるか確認しておきましょう。
ドメイン動作確認


エラーが起きる場合は

ここでデータベース確立エラーが出る場合は『 wp-config.php 』のデータベースに関する記述が
間違っている可能性が高いので、もう一度見直してみてください。
wp-config.php ファイルを編集

また、サイトや管理画面に
・Notice register_uninstall ~
・functions.php on Line ~
・Deprecated;Function create_function()~

といったエラーコードが表示される場合は『 wp-config.php 』のデバッグ機能を
有効(true)から無効(false)にすると消えます。
デバッグ機能を無効に

※いずれも文字コード間違いで不具合が起きないように、修正する際は
 サーバーコントロールパネルのファイルマネージャーから行ってください。


独自ドメインにSSL証明書を登録

サイト自体の移行が完了したら、今度はサイトにセキュリティ証明書である
SSL証明書を登録してSSL化(HTTPS化)していきます。

サーバーコントロールパネルの【 ドメイン/SSL設定 】
⇒独自ドメインのSSL証明書の項目で【 登録 】をクリック。
SSL証明書登録1
【 無料SSLの設定へ進む 】⇒【 無料SSLを設定する 】をクリック。
SSL証明書登録2
SSL証明書が発行されるまで数分~数時間かかると書かれてますが、
大体遅くても1時間以内には発行されるかと思います。
完了したらメールが来て、ドメインのSSL欄に表示が出たら【 変更 】をクリック。
SSL証明書登録3
『 4. SSLの利用をお選びください 』 の項目で
『 SNI SSLを利用する 』 にチェックが入っていることを確認してください。


WordPressに常時SSL化のプラグインを入れる

WordPressをSSLに移行する(HTTPS化する)ためのプラグインが色々提供されているので、
お好みに合わせてインストール&有効化・設定して使ってみてください。

PHPのバージョンを下げなければいけなくなるので、
無理にさくらインターネットのプラグインを使わなくても良いのかも、
ということで私は Really Simple SSLを使っています。
プラグイン・Really Simple SSL
プラグインを有効化すると、その後のリンク記述などは自動でHTTPSになりますが、
以前の記事に挿入した画像リンクやURLリンクはそのままになっていることがあるので
リンク切れチェックのプラグインなどで確認して、のんびり地道に修正しましょう。


データベースでファイルを編集

サーバーコントロールパネルのデータベースからサイトURLの箇所を
【https://~】の記述に直しましょう。

【 データベースの設定 】⇒【 管理ツール ログイン 】
phpMyAdmin(ピーエイチピー マイアドミン)に
ログインユーザー名(MySQLユーザー名=初期アカウント名)とパスワードを入れてログイン。

Usersとoptions、それぞれでサイトのURL記述を
HTTPS+独自ドメインに修正します。
データベース修正




SSL化が完了して、新しいサイトを公開しても良い状態になったら、
旧ドメイン(エックスドメインのURL)にアクセスしたら
新ドメイン(さくらインターネットの独自ドメイン)のサーバーに
自動で転送されるように.htaccessファイルで転送設定を行います。
 icon-arrow-circle-right (4)リダイレクト転送(現在編集中)

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket