【Firefox】訪問履歴と検索履歴を残さない設定

    icon-clock-o読了時間:約4分14秒

平成最後の夏休み、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は5日間のお盆休みの間、前半の大掃除と畑の世話で力尽き、
後半は完全に引きこもってBlu-rayを見るか惰眠を貪っていました。
インスタ映えなどカケラも無い夏ですが楽しかったです。

お休みに全力を出して現在 出社後に力尽きている方、そしてお盆も今も仕事だよ!!という方、
どちらの方々も熱中症にお気をつけて無理せず程々に頑張ってください。

今回は、お休みの間に仕事用のPCを家に持って帰り、そのまま同じPCでサイト検索や閲覧をして
休み明けにうっかり趣味全開の履歴を同僚やお客さんに公開してしまわないように
閲覧履歴と検索履歴を残さない設定をご紹介したいと思います。


まずは手動で履歴削除

これまでの全ての履歴、または期間を区切っての履歴削除ができます。

上部メニュー【 履歴 】⇒【 最近の履歴を消去 】
⇒【 今すぐ消去 】をクリックすると、過去の履歴が全て消去されます。
手動で履歴削除


履歴を残さない設定に変更する

これまでの履歴を削除したら、次は今後の履歴を残さないように設定しておきます。

Firefox起動時のスタートページ右上で【 icon-cog】をクリックするか、
画面右上の【 icon-reorder】(メニューボタン)から【 icon-cog オプション 】をクリックして設定画面を開きます。
Firefoxオプション画面を開く

左サイドのメニューから【 プライバシーとセキュリティ 】を選択して、
履歴の項目でお好みの設定を選択してください。

何も保存させたくない場合は【 履歴を一切記憶させない 】を選択すればOK。
Firefox」・プライバシーとセキュリティ設定

また、【 記憶させる履歴を詳細設定する 】から
【 Firefoxの終了時に履歴を消去する 】にチェックを入れると、
Firefoxを使っている間は履歴を保存しておいて、
終了させる際(Firefoxを❌で閉じた時)に履歴を自動消去してくれます。

例えば、Twitterにログインしてツイートして、そのタブを閉じて
別のサイトを閲覧し、またTwitterに戻った時に再度ログインするのは面倒だから
今Firefoxを使っている一連の時間の間は履歴は保存して、サイトにもログインしたままにしておきたい、
というような場合には【 Firefoxの終了時に履歴を消去する 】設定の方が便利ですね。


Firefoxのホーム画面(スタートページ)だけ
設定変更する

履歴は別にずっと残しててもいいけど、スタートページとかに表示されるのはイヤ!という場合は
スタートページや新しいタブのページだけ設定を変更しましょう。

Firefoxのスタートページや新しいタブのページには
アクセスするユーザーが多いYouTubeやTwitterがデフォルトで表示されます。
自分があちこちのサイトを閲覧した後であれば、良くアクセスするサイトが表示されます。
Firefoxのホーム画面
画面右上のオプション設定ボタンから、保存した履歴とスタートページに関する設定を変更できます。
スタートページ履歴の設定
トップサイトもハイライトもスニペット(Firefoxからのお知らせやニュース要約)も
全て非表示にすると、検索バーと設定ボタンのみの至ってシンプルなページになります。

スタートページを好きなサイトに変更

ついでに同じ設定画面から、スタートページを開いた時に
好きなサイトを表示させる設定にすることもできます。
スタートページ・カスタムURL

新しいタブのページ設定を変更

更に同じ設定画面から、新しいタブを開いた時に真っ白な空白ページを表示させる設定にもできます。
(新しいタブとは【 + 】のマークをクリックすると開く新規ページのこと)
新しいタブを空白ページに
※新しいタブでもお好みのサイトを開きたい場合はこちらの記事をご覧ください。
 新しいタブで開くサイトを設定する

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket