自分のパソコンのスペック(仕様)を調べる

   2019/01/28   icon-clock-o読了時間:約9分24秒

パソコンのことは良く分からないままでもネット見れるし、
メール送れるし、書類作れるしで別に現状で全く困ってない、ということで
意外と気にしていない方も多い、パソコンのスペック(仕様・性能)

でもせっかくなので、ご自身が日頃使っているパソコンがどんな感じの部品を搭載しているのか
暇つぶしに、あるいはお買い替えの参考に、基本的な部分だけでも確認してみてください。

 目次 

【 システム 】画面で基本の仕様を見る
 システム画面を開く
   ∟Windows8でシステム画面を開く場合
 システム画面を確認する
   ∟CPUとメモリー
   ∟Windows Edition
   ∟Windowsのbit数の違い
   ∟プロダクトキー
デバイスマネージャーで各部品の状態や型番を見る
データ保存量がいっぱいになってないかを見る


【 システム 】画面で基本の仕様を見る

【 システム 】画面では、
パソコンに入っているWindowsのバージョン
Windowsが32bit版か64bit版か
CPUという部品の仕様
メモリの容量が何GBか
Windowsのプロダクトキー

といった内容を見ることができます。

システム画面を開く

デスクトップ画面に【 コンピューター 】のアイコンが表示されている場合は
そのまま【 コンピューター 】を右クリックして【 プロパティ 】を開くだけです。

デスクトップ画面にアイコンが無い場合は
①デスクトップ画面左下の【 スタートメニュー 】ボタン
②【 コンピューター 】を右クリック
③【 プロパティ 】をクリック

Windows8でシステム画面を開く方法

デスクトップ画面で画面右上にマウスポインタを合わせ、
表示されるサイドメニューの中の【 icon-cog 設定 】をクリック
⇒【 PC情報 】をクリックするとシステム画面が開きます。

Windows10でシステム画面を開く方法

デスクトップ画面の左下にある【 スタートボタン icon-windows 】をクリック
⇒【 設定 icon-cog 】をクリック
⇒コントロールパネルが開くので【 システム icon-laptop 】をクリック
⇒左のメニュー無いから【 バージョン情報 icon-info-circle 】をクリック。

システム画面を確認する

Windowsのシステム画面

CPUとメモリー

CPUは各装置の制御やデータの計算・加工を担っている、人間で言えば脳にあたる部品です。
詳しくはパソコン購入のポイント【3】CPUの性能を選択をご覧ください。

メモリーは起動データや使用するプログラムのデータを一時的に保存して
PCの動作をスムーズに行うための部品で、容量(GB)が多いほうが
処理能力が上がり、動作が速くなります。

Windows Edition

Windowsのバージョン情報が表示されています。
Windows OSは、XP・Vista・7・8・8.1・10 といったバージョンがあります。

更にそれぞれにエディションの違いがあります。
エディションとは、通常版や豪華版といった内容の違いのこと。

・Starter(スターター)…簡易版
・Home Basic(ホーム ベーシック)…地域(国)限定版
・Home Premium(ホーム プレミアム)…通常版
・Professional(プロフェッショナル)…機能追加版
・Enterprise(エンタープライズ)…Microsoftとの提携企業版
・Ultimate(アルティメット)…Enterpriseの個人向け版

大体皆さんご家庭や職場では、一般的にインストール販売されている
Home Premium か Professional を使っていらっしゃるかと思います。

Windowsのbit数の違い

Windowsのbit数には32ビットと64ビットの2種類があります。

これはCPUという部品がデータを計算処理する際の方式の違いで、
32ビットよりも64ビットの方がより効率的に計算処理を行うため、
ほんのちょっとでも動作を速く!!という方は
ご購入時やインストール選択時に64ビット版を選ぶと良いでしょう。

そこまでこだわってない、という方は別に32ビットでも特に問題はありませんし、
システムデータが破損した時に修復が容易だったりと、32ビット版にもメリットがあります。

プロダクトキー

Windowsのプロダクトキー(プロダクトコード)とはWindowsのライセンス認証用の英数字のこと。
キー1つにつき、1台のパソコンにWindowsをインストールすることができます。

Windows7までのOSでは、データ不具合等でWindowsを入れ直す(リカバリーや再インストール)時に
プロダクトキーを入力する必要があるため、プロダクトキーはとても大切です。
リカバリーや再インストールの際に、不具合でシステム画面からキー確認ができず、
更にその上 シールが経年劣化でボロボロになってキーが読めないとなると
MicrosoftやPC購入店舗のサポートに問い合せたりと手間が掛かることがあるので、
読めなくなる前にキーをどこかにメモしておきましょう。

プロダクトキーのシールは大体が
・ノートパソコンであれば底面に
・モニタ一体型パソコンであれば背面に
・デスクトップパソコンであれば側面か天面に
それぞれ貼ってあります。
Windowsプロダクトキーの場所
ただし、標準で Windows 8 以降のWindowsを搭載しているパソコンは
プロダクトキーのシールが本体に貼付されてないことがあります

この場合、本体にはWindowsのバージョンを示すシールのみが貼られています。

これは内部の基板部品にプロダクトキー情報が埋め込まれ、
リカバリーや再インストールの際に自動でキー認証をするようになり
ユーザーが自分でプロダクトキーを入力する必要がなくなったためです。

私どものような修理業者としては、ついつい色んな状況を想定して
『 旧バージョンのWindowsにダウングレードしたい時はどうするんだろう…? 』
と疑問に思ったりするのですが、一般のユーザーさんからすれば
『 自分でキー認証とか考えなくていいから楽ちん 』
というメリットがありますね。


デバイスマネージャーで各部品の状態や型番を見る

上記の手順で開いた【 システム画面 】の
左サイドメニュー内の【 デバイスマネージャー 】をクリックすると
お使いのパソコンに接続・搭載されている部品について確認することができます。
デバイスマネージャーを見る1
部品の左にある三角 icon-caret-right をクリックすると部品の詳細情報を見ることができます。
例えばこの例だと、デスクトップパソコンに2基DVDドライブが入っており、
型番(下線部分)などが表示されていますね。
デバイスマネージャーを見る2
更に部品項目を右クリックし【 プロパティ 】をクリックすると
ドライバー(その部品を動かすためのプログラムソフト)が正常動作しているかを確認することができます。
デバイスマネージャーを見る3


データ保存量がいっぱいになってないかを見る

【 コンピューター 】アイコンをクリックするか、
デスクトップ画面左下の【 スタートメニュー 】ボタン⇒【 コンピューター 】をクリックすると
Cドライブ、Dドライブ容量を確認することができます。
HDD容量の確認
この例の場合、私のPCは2基目のHDDを増設しているので(E)まで表示されています。

通常の1基だけHDDやSSDを搭載しているPCの場合は
【 CとD 】・【 Cのみ 】このいずれかの表示になっているかと思います。

※CとDのドライブ分けについて詳しくはこちら
 パソコンHDDのCドライブ・Dドライブって?

Windowsのシステムデータは基本的にCドライブに入っているので、
Cドライブドライブの容量がいっぱいになり、充分な空き容量が無くなると
Windowsが正常動作しなかったり、Windowsやその他のソフトの更新が失敗する不具合が発生します。
あまりCドライブの容量がぎゅうぎゅうの状態で使わないようにしましょう。

Cドライブがいっぱいになりかけてる!という方は、
写真や動画、自分で作成した書類といった保存データをDドライブに移すか、
外付けHDDなどの外部記憶装置に移して、Cドライブに空きを作ってくださいね。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket