2個めのWordPressをインストール

    icon-clock-o読了時間:約1分55秒

これまで、さくらインターネットで運営している WordPressのSSL化 などをご説明してきましたが、
今回は同じサーバー内に作った別のデータベースに、
2つ目のWordPressをインストールする手順などをご説明します。


データベースを新規作成

2つ目のWordPressを入れるためのデータベースを新たに作成します。
同じデータベースに複数のWordPressを入れることもできるのですが、
分けたほうが管理がしやすいかなと思ったので、今回は別データベースにしてみます。

さくらインターネットのサーバーコントロールパネルにログイン
⇒左サイドメニュー【 データベースの設定 】
⇒【 データベースの新規作成 】をクリック。
データベース作成
任意のデータベース名を入力して、同意事項にチェックを入れ、
【 データベースを作成 】をクリックすると新しいデータベースが作られます。
データベース作成2


WordPressのクイックインストール

次に作成した新しいデータベースにWordPressをクイックインストールします。

左サイドメニュー【 クイックインストール 】
⇒【 ブログ 】
⇒【 WordPress 】を選択。
WordPressのクイックインストール1

・同意事項を確認してチェックを入れる
・インストール先のフォルダ名は、他のフォルダ名やドメイン名と被らない名前でお好みで入力
・先ほど新規作成したデータベース名を選択
・データベースパスワードを入力
・テーブルの接頭語はそのままでもOK。変更したい場合は他のWordPressと被らないものを入力

これらの必要事項を入力して【 インストール 】。
WordPressクイックインストール2
インストールが完了したら【 >> アプリケーションの設定へ進む << 】をクリック。 WordPressインストール完了
WordPressの基本情報設定画面が開くので、サイト名などを入力して【 インストール 】。
WordPressクイックインストール3

サイトのインデックスについて

『検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする』にチェックを入れると、
検索エンジンがサイトを登録せず、検索結果にサイトが表示されません。
検索結果に表示されなければ、サイトを訪問してくれる人も居ないので、
基本的にこの欄にはチェックを入れないようにしてください。

ただし、二次創作の作品置場や友人同士で使う掲示板だからインデックスされたくない
というような方は、ここにチェックを入れて、検索結果に自サイトが表示されないようにしておくと良いでしょう。




インストールボタンをクリックして少し待ち、
『 成功しました 』 という画面が出ればWordPressインストール完了です。
ログインしてWordPressの設定やカスタマイズを行いましょう。


WordPressのカスタマイズ

お好みのサイト外観になるようにWordPressのテーマ変更、
管理画面や投稿表示の使い勝手を調節するプラグインのインストール等を行います。
また、テーマやプラグインの更新が入っている場合はそれも忘れずに更新しておきましょう。
WordPressインストール直後

さくらインターネット【クイックインストール】で
インストール済みの初期プラグイン

さくらインターネットのクイックインストールを行うと、必要になるであろう基本的なプラグインを
自動で入れてくれているので、それぞれ確認しながら【 有効化 】や【 設定 】を行います。
また、不要なものは【 削除 】しておきましょう。
さくらインターネット・初期WordPressプラグイン

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)

スパムコメント(怪しい宣伝やURLを含むコメント)を自動ブロックしてくれるプラグイン。
これはさくらのクイックインストールに関わらず、WordPressとセットで入っているので、
たぶんWordPress使ってる方は皆さん使っている基本中の基本プラグインですね。

今回が2回め以降のWordPressインストールならAPIキーは既に取得したものがあるはずなので、
別WordPressのAkismet Anti-Spam設定ページにあるキーをコピー&ペーストで使えばOKです。

All One WP Security

セキュリティ用のプラグイン。
・ログイン方法の設定
・ブルートフォース攻撃への対応
・ファイアウォール
といった様々なセキュリティ機能がセットになっています。

特に他のセキュリティプラグインを使う予定が無い場合は
このプラグインを有効にしておきましょう。

Autooptimize

サーバからブラウザへ転送するデータのうち、HTML、CSS、JavaScriptを最適化するプラグイン。

便利なプラグインなのですが、使っているテーマとの兼ね合いによっては
モバイルフレンドリーテストでエラーが出る
(モバイルフレンドリーでないと判定される)ことがあるようなので私は使っていません。

このプラグインを設定した後にページ表示がズレておかしくなった場合は
停止・削除するか、CSSの項目のみチェックを外して使ってみてください。

Disable Google Fonts

Google社が提供しているWeb Fontsを使用しない設定にして、
WordPressをSSL化した際に生じる不具合(警告の表示)の回避や、
サーバの応答速度を上げるためのプラグイン。

Hello Dolly

管理画面に 『 Hello Dolly 』 の歌詞を表示するだけのプラグイン。
これもAkismet Anti-Spamと同じく、さくらのクイックインストールに関わらず、
WordPressとセットで入っている基本プラグインです。
プラグインのプログラム例として入っているものなので、不要であれば削除してもOK。

ImageMagick Engine

サムネイル画像の作成を PHP GD ではなく ImageMagickで行って、
画像のファイルサイズを圧縮するプラグイン。
サムネイル画像の画質がアップするようです。

Protect Uploads

index.phpを設置したり.htaccessに403エラーを返すように設定して
メディアライブラリーを直接アクセスから保護できるWordPressプラグイン。

管理者以外の人間が不要にアクセスすることを防ぐために有効化しておくと良いでしょう。
※最新バージョンのWordPressとの互換性が検証されないまま1年経っているので、
今後もアップデートされないようなら削除を検討したほうが良いかもしれません。

Remove query strings from resources

サーバからCSSやJavaScriptファイルを取得する際、
ファイルURLに自動付与されるデータ情報をいい感じに削除して
サーバの応答速度の向上を行うプラグイン。

私はこれを使ったことが無かったので、とりあえず有効化してみました。

SAKURA RS WP SSL

さくらレンタルサーバー上のWordPressで常時SSL化を行うためのプラグイン。
私は別のSSL化プラグインを使っているので、これは削除しました。

TS Webfonts for SAKURA RS

さくらレンタルサーバー上のWordPressで
モリサワのWebフォントが使えるようになるプラグイン。

せっかくだからフォント色々試してみたい、という方は有効化すると良いでしょう。

WP Multibyte Patch

日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の修正や強化を行うプラグイン。

これもAkismet Anti-Spamと同じく、さくらのクイックインストールに関わらず、
WordPressとセットで入っている基本プラグインなので間違えて削除しないようにご注意ください。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket