WordPress Version5.0の編集画面を旧バージョンに戻す

    icon-clock-o読了時間:約2分38秒

WordPressのバージョン5.0のアップデートが入っていたので更新してみたら、
投稿記事の編集画面がやばいぐらい変わってしまって何がなんだか分からない。


一応、旧バージョンの編集画面に戻すこともできるようなのですが、そちらは2021年で終了してしまうとのことです。
どうせいつかは新しい波に揉まれないといけないのなら、初期から頑張って慣れておいた方が良いのかも…
頑張って慣れてみよう、という方は日本語サポートサイトの説明をご覧ください。

でもただでさえ忙しい年末にそんな暇は無いぜ!という方も多いはずなので
旧バージョンの編集画面をひとまず使う方法を書いておきます。

この記事は新バージョンの編集画面で手探り状態で書いてるので何かおかしなことになってたらすいません。
とりあえずここまで入力していて得た知見は『Shift押しながらEnterで段落を変えずに改行できる』です。
SNSとかSkypeのチャット欄と同じ感じがしたので試したら当たりでした。
しかしこんなヒントも無い手探りはつらすぎる。

Classic Editorをインストール

旧バージョンの編集画面を使い続けるためには、Classic Editorというプラグインを入れる必要があります。
バージョン5.0の更新を行った後に表示されるWordPressからの変更点などのお知らせ画面の一番下から【 Classic Editor をインストール 】をクリック。

WordPress5.0 編集画面の旧バージョン


もしこの画面を既に閉じてしまった場合は、プラグインの新規追加から【 Classic Editor 】をインストールします。


インストール&有効化した後、サイドメニュー【 設定 】⇒【 投稿設定 】から
Classic Editorが有効になっていることを確認しましょう。


記事編集画面を開いてみると、プラグインによって以前に似た状態に戻っているかと思います。
(ただ新バージョンで編集した部分を旧画面で見ると何かタグが付いてて戸惑います)


逆に旧バージョンから新バージョンの編集画面にしたい場合は、右サイドメニューからDocumentタブにして【エディター切り替え】で切り替えるか、投稿設定から切り替えてください。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket