『GIMP』で写真やaiファイルを編集(5)イラスト素材を活用

    icon-clock-o読了時間:約10分2秒

『GIMP』で写真やaiファイルを編集
(1)インストール
(2)テーマと文字サイズ変更
(3)写真の編集・切り抜き透過
(4)透過写真と背景画像 の続きです。

前回は写真の切り抜きや背景を透過する手順と、画像の重ね合わせ等をご説明しました。
今回は、素材サイトでダウンロードしたAIファイルから
使いたいイラストだけを抜き出して使用する手順をご説明します。


 目次 

素材サイトからイラストを借りる
AIファイルから使いたいイラストを抜き出す
 AIファイルをGIMPで開く
  ∟どうしてもファイルを開けない場合
 必要箇所のみ切り取り
画像を組み合わせる
 レイヤーの重なり
新しい画像を作成
  ∟画像サイズのポイント


素材サイトからイラストを借りる

無料画像素材サイト・イラストACの使い方でご紹介したように、
WEB上にはイラストレーターさんが描いたイラストを
無料で使用できるようにアップロードしてくれているサイトがあります。

※素材屋さんのイラストや写真について※
・個人利用は無料だけど使用できる範囲が規定で決まっている
・使用は自由だけれど、編集は不可
・特定のサイトでは使用が認められていない
・商用利用(編集して再配布や販売など)は有料
というように、そのサイトやイラストによって規定があるので、
必ず利用規約を熟読してから素材を使用するようにしてください

そして素材サイトさんから画像をダウンロード保存する際に、
保存するファイル形式(拡張子)を選択できることがあります。
主に選べる形式としては 『 JPEG 』『 GIF 』『 PNG 』『 AI 』『 EPS 』などがあります。
画像ファイルの拡張子
『 JPEG 』、『 GIF 』、『 PNG 』などのファイルであればペイント等の一般的なソフトで開けますが、
『 AI 』や『 EPS 』の拡張子が付いたファイルは、今回ご紹介している
GIMPのような画像編集ソフトで開く必要があります。


AIファイルから使いたいイラストを抜き出す

複数のイラスト素材がパックになっているAIファイル(拡張子が.aiのファイル)から
使用したい画像だけを抜き出して、背景透過のPNGファイルとして保存しましょう。


AIファイルをGIMPで開く

AIファイルをGIMPの編集画面内にドラッグ&ドロップで移動させます。
(上部メニュー【 ファイル 】⇒【 開く/インポート 】から開いてもOK)
GIMP・イラスト素材を開く
サムネイル(見本)がきちんと表示されていれば、問題なくGIMPで編集できます。
そのまま【インポート】をクリックすると画像が開きます。
GIMP・イラスト素材を開く2
画像を開いたら、上部メニューの【 レイヤー 】⇒【 透明部分 】
⇒【 アルファチャンネルの追加 】を確認してください。
【 アルファチャンネルの追加 】の項目がグレーアウト(選択できない状態)になっていれば
そのイラストは元々背景色として何も設定されていない=透明背景(透過)なので
そのまま編集作業を始めてOKです。

どうしてもファイルを開けない場合

サムネイルが表示されず、ファイルを開いても
『 これは PDF の内容を含めずに保存されたAdobe Illustrator ファイルです 』
というメッセージが出る場合や、開くと真っ白になってしまう場合は、
aiファイルの保存形式の問題か、最新のIllustratorで作成されたファイルであるために
GIMPで開けていない可能性があります。

ファイルの保存形式の問題の場合、そのAIファイルを作成した製作者さんが、
Illustratorの保存オプション 『 PDF互換ファイルを作成 』に
チェックを入れずにファイルを保存したために、Illustrator以外のソフトで
上手く読み出しや書き込みがでいないファイルになっている可能性があります。

これは自分側ではどうしようもないので、製作者さんがお知り合いの場合は
「 PDF互換ファイルとして保存してる? 」 と尋ねてみて下さい。


必要箇所のみ切り取り

AIファイル内の必要なイラストのみを残して、PNG画像として保存します。
AIファイルから画像を取り出す
左メニュー【 移動 】アイコンをクリック
⇒画像を移動させて、キャンパスの左上に切り抜きたい箇所を合わせます。
GIMP・キャンパスに合わせて移動
左メニュー【 切り抜き 】アイコンをクリック
⇒切り抜きたい範囲をマウスで指定
⇒クリック、もしくは『Enter』キーで切り抜き確定。
GIMP・切り抜き
現在の画像のサイズ感を確認したい時は
上部メニュー【 画像 】⇒【 キャンパスサイズの変更 】を見てみましょう。

切り抜いた画像の背景を透過にします。

ツールボックス内の【 ファジー選択 】をクリック。
(もしくは【 ツール 】⇒【 選択ツール 】⇒【 ファジー選択 】)
透過にしたい背景部分であればどこでも良いのでクリック
⇒キーボードの【 Delete 】を押すと、背景全体が透過状態に変更されます。
GIMP・ファジー選択で背景透過
通常GIMPで【 名前を付けて保存 】したファイルは 『 .xcf 』 という拡張子で、
GIMP用の編集ファイルになります。
PNGなどの他の拡張子で保存したい時はエクスポート保存を使います。

①上部メニュー【ファイル】
②【 名前を付けてエクスポート 】
③画像ファイルの名前を入力して保存先のフォルダを選択
④拡張子を選択
⑤【 エクスポート 】
⑥次のウインドウも変更なければ、そのまま【 エクスポート 】で完了です。
GIMP・PNG画像としてエクスポート保存
他にも使いたい画像がある場合は、ここまでの手順を繰り返して個別のPNG画像を作成します。


画像を組み合わせる

作成したPNG画像を重ねて1枚のPNG画像にまとめてみます。
GIMP・画像を重ね合わせる
画像を保存しているフォルダから、直接ドラッグ&ドロップで
GIMPに画像を開きます。
GIMP・画像を開く
【拡大・縮小】ツールでマウスを使ったサイズ変更ができます。
拡大縮小ウィンドウが邪魔な場合は移動させてください。
Shiftキーを押したままでマウス操作すると、縦横比率を維持したサイズ変更が可能。
GIMP・画像の拡大と縮小
サイズ調整しつつ、 icon-move 【 移動 】ツールで位置を調整してください。
基本的に画像の配置にはこの【拡大・縮小】と【 移動 】ツールを活用します。


レイヤーの重なり

画像は開いた順番(呼び出した順番)に重なり合った状態です。
最初に開いた画像が一番奥(最背面)に、
最後に開いた画像が一番手前(最前面)になっています。

重なっている順番を変えたい時は、
①重なりを変更したいレイヤー画像を選択
②上部メニュー【 レイヤー 】
③【 重なり 】
④最前面から再背面のいずれかを選択してください。
GIMP・レイヤー画像の重ね順を変える

完成したら、再度PNG画像としてエクスポート保存します。


新しい画像を作成

それでは素材サイトからお借りしたイラスト素材や、これまで作ってきたPNG画像で
お好みのシチュエーションの画像を作ってみましょう。

今回は
『 町内会の防災訓練のお知らせ(A4用紙)に載せるイラストを作る 』
という設定で作ってみるので、用意した画像はこんな感じ。
イラスト素材

まず最初に【 ファイル 】⇒【 新しい画像を作成 】。
GIMP・新しい画像を作成
画像サイズはA4サイズの用紙(横幅が約2480ピクセル)に配置することを考えて、
印刷時の余白を考えて大体2000くらいにしてみます。
高さは後で調節するので適当でも構いません。
GIMP・新しい画像を作成2
新しい画像を作成する際は、後から背景色や背景画像を設定しやすいように
背景の塗りつぶし色として【 Transparent 】を選択して
透明背景(透過)にしておくと便利です。

画像サイズのポイント

例えば挿絵用のイラストを作り、それをWordやExcelに図として挿入したい時など。
小さい画像を拡大して配置すると、画素が粗くなり、ぼやけたような状態になります。
明確にこのくらいの大きさ!というサイズを決めずに
おおよその大きさでイラストを作る時は、出来るだけ大きめに作っておいて、
配置する際に縮小して使う方が、画質を維持したまま綺麗に印刷できます。

大きな画像を作る時は、GIMPの編集画面での表示サイズを調整して
見やすい状態で編集していきましょう。
GIMP・画像サイズ
このパーセンテージは編集画面のサイズを意味しているので、
ここを拡大縮小しても、実際のイラストの大きさが変わっているわけではありません。

GIMPで画像を開く
画像を保存しているフォルダから、GIMPへドラッグ&ドロップで画像を開いたら
【拡大・縮小】と【 移動 】ツールでサイズや位置を調整します。

最終的に怪獣が吐いた炎を消火する感じの画像にしたい、という
構想があるので怪獣の向きを変えます。

GIMPウィンドウ右下のレイヤータブから怪獣のレイヤーを選択して、
上部メニュー【 レイヤー 】から【 変形 】を選択、
この場合は左右を反転させたいので【 水平反転 】を選びます。
(上下で反転する場合は【 垂直反転 】になります)
GIMP・選択したレイヤーを反転




『GIMP』で写真やaiファイルを編集(6)イラストを描く に続きます。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket