自動車 排気ガステスターの修理について

    icon-clock-o読了時間:約4分27秒

今回の記事はシンプルに自社の修理サービスのダイレクトマーケティングです(すいません)。
元々弊社はサイトタイトルからもお分かり頂ける通りパソコンの修理屋です。
そこからお客様のご要望にお応えして、ハンディーターミナルとか工場機器のモニターとか
色々直している内に、自動車の排気ガス測定用COHCテスターも直すようになりました。

テスターのメーカー・型番と、故障状況の詳細をお知らせ頂ければ
概算のお見積りが可能なので、お気軽にお問い合わせください。

TEL📞 087-813-0481
FAX📠 087-813-0482
📧メールフォーム
修理の流れについては弊社ホームページをご覧ください。

Yahoo!オークションでは中古テスターの販売も行っています。
校正を通してそのまますぐにお使い頂ける状態で出品しているので、
お買い替えを検討されている場合はこちらも合わせてご覧ください。
📦パソピア/有限会社エヌシステム 商品一覧
※タイミングによっては中古テスターが品切れで出品が無い時もございます。


修理内容など

これまでご依頼頂いた修理事例から、
故障状況とおおよそのお見積りなどをご紹介します。

故障事例

・電源が入らない
・電源は入るが液晶が映らない
・液晶が見づらい
・液晶に縦線や横線が入る
・BIOS画面(ロゴ画面)から先に進めない
・起動途中でハングアップする
・ゼロセットができない
・振れ幅が合わない
・測定は始まるが途中で止まる
・ポンプが動かない
・各ボタンが効かない

修理料金

機種や不良状況にもよりますが、おおよそ3~6万円程度の修理料金になることが多いです。
特に液晶パネル交換だと、大体4万円前後。
液晶の他に内部配管の劣化破損などがあると数千円の追加となります。

修理期間

現在の部品の修理で改善できる場合や、弊社に部品在庫がある場合は2、3日で修理完了してお返しできます。
逆に部品手配が必要な場合、国内に部品がまず存在しないため
海外からの取り寄せとなり、2~3週間ほどお日にちを頂くことがございます。

修理中止の場合

内部診断の結果、破損範囲が広く、ご予算を超えて中止ご希望を頂いた場合や
手配不可能な部品が必要で修理中止とさせて頂いた場合などは、
内部診断料¥2,160-(別途返送料)のみ頂戴します。
※基本返送料 ¥1,300-、東北地方 ¥1,800-、北海道・沖縄 ¥2,100-です。


修理可能機種と修理事例

基本的に卓上型のテスターであれば大体は修理をお受けしています。
大変申し訳ないのですが、床置タイプの大型のテスターは
弊社に分解できるスペースが無いのでお受けできません。

HORIBA MEXA-324J、324G、324F など
イヤサカ ALTAS-110L、210L など
安全自動車 ZKE、ZFE-1 など
アルティア UREX-5000 など
理研計器 RI-503A など

排気ガステスターの修理事例1

排気ガステスターの修理事例2


梱包についてのお願い

テスターは機種によっては重量があり、宅配業者さんが普通に運んでくれていても
経年劣化で傷んでいる外装が振動や圧迫で割れてしまうことがあります。
出来るだけ緩衝材(プチプチや丸めた新聞紙など)で丁寧に包んで梱包・発送をお願いいたします。

あと、虫だけは…虫だけは除けてから梱包してくださると嬉しいです。
虫…嫌いなんです…特に蜘蛛が一番ムリ。
蜘蛛の巣がドレンの所に張ってるのとか持ち手の窪みに蜘蛛の死骸があるのとか
マジ泣きそうになるので、出来ればそれだけは…それだけは拭いてから梱包して頂ければ…!!

でも排ガスで黒くなってるのは全然大丈夫です。
修理診断の際に内部清掃も行いますし、外側は私が出来るだけ綺麗に磨いて
(拭けば拭くほど綺麗になっていく、パソコンの清掃では中々味わえない爽快感が結構好きです)
お返しするので、ご遠慮無く煤けた状態でお送りください。

 良かったら押してみてください♥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket